焼いた焼いた

 さて今回焼いたのは、Saljut-SにVEGA-12V(2,8/90)をつけて撮ったブローニー1本であり、つまり6x6だ。6x6もセミもキャリアは持っていたが、実は焼いたのは初めてである。機材を用意してから5年も経って、漸く実戦と相成った。引き伸ばしレンズはロダゴン2,8/80、印画紙はいつものイルフォードMGW 1K。1年も経っているので、最初からやり直しみたいなもんだ。素抜けのネガから露光時間を割り出して、コマの濃度から号数を選ぶ。つっても号数は1から2,5の間でやりくりする趣味なので、収まらない場合は露光時間を弄ってしまう。最後は理論よりも目の好みを優先するのが基本であろう。

 展示会には別の2コマと、ポートフォリオ用に築地ネタ(こっちは135判)を選んだ。個人的にはポートフォリオの方がメインだったりする。招待券が必要なヒトは連絡乞う。なくても入れるけど、入場料あるみたい。
d0044379_18522020.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-10-24 18:53 | VEGA-12V


<< あなた作るわたし食べる うおう >>