すべての幻想が真実だ

バランスの執行者(天秤座)として時勢の主流に対置する方へと意見を変える、なんてことをずっと昔に書いたが、殊写真に関しては例外的に揺らぐことがほとんどない。いやこれは写真に限ったことではなく、それが表現領域である限り、わたくしの立場は20年前から表現至上主義である。それは意味内容を評価の基準としない、形式主義的なものでもあり、技巧主義的なものでもある。被写体も、テーマも、物語も、ただ表現に従するのみに於いて存在価値を有つ。そうして勿論、表現を第一とする以上、同時に作品至上主義であって、作品が我々に語りかける、即ち鑑賞者個々人が作品から再構成するもの以上のことも以下のことも、一切これを考慮しない。それゆえ作者の意図などと云うものは存在し得ないし、それに類するものがあるとすれば、それは受け手によって生成された相対的な「作者の意図」でしかないのだ。それが実際の作者の意図と合致するかどうかは全くの問題ではない。そんなまやかしは完成された作品にはもはや無関係だからだ。表現作品はクイズでも謎掛けでも受験問題でもない。鑑賞者の数だけ作者の意図が存在し、正しいか間違っているかで云えば、そのすべてが正しいのである。
d0044379_2172554.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm. ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2010-12-21 21:09 | Sonnar1,5/50


<< すいません もうなにがなんだか >>