写真と機材

 恐らく一般的な考え方ではないだろうが、わたくしは写真を見るときに、何で撮ったのかを、何が写っているかよりも、重要なことだと考えている。それは、どう写っているかに直接関与する要素だからだ。

 確かに、文章創作において使用したペンやワープロ、絵画においてカンバスや絵筆、絵具に拘泥するのは間抜けな話だ。だが、写真におけるレンズやフィルム、カメラ──これはそれほど重要でないが──は、絵筆や絵具とは違う。写真において創造性は、なにも被写体と構図だけに存在するのではない。それだけならば、写実的絵画となんら変わるところはない。どのようなレンズを使い、どのようなフィルムで写し、ひいてはどのようなフィルム現像、いかなる印画紙、プリント現像したかにまで、それは見出し得るのだ。なんとなれば、たとえ同じ被写体を同じ構図で撮影したとしても、以上の要素が異なれば、でき上がったプリントは決して同じものにはならない。すなわちこれらの選択の中に、写真を撮る者の創造性が関与するのだ。

 それは、広い意味で作者の意図と呼んでも良い。わたくしは作品鑑賞において作者の意図と云うものを極力排除する立場の人間だが(だから表題も嫌いだ)、前者の意図は、どう写したか、であって、後者の、何を写したか──それを通じて何を表そうとしたか──と云う意図とは関係がない。それは、後者が作品解釈と云う名の逸脱行為に関わるものであるのに対し、前者はあくまで作品表現それのみに結びついているからだ。

 我々は写真を通して何かを見るのではない。写真そのものを見るのである。そうして写真表現とは、ただ何が写っているかだけではないのだ。構図は無論、光の加減、ハイエストライトからディープシャドウまでの階調分布、銀粒子の粗細、それらすべてが表現としての幅を有っているのであり、絶対のパラメータ配置は存在しない。これらの幅は現像からプリントまでの工程を同一にしたところで、なおカメラとレンズとによって、変化する余地を有しているのだ──現代のレンズがより画一化を強めているとしても。

 弘法は筆を選ばない。だが、良き写真家は機材を選ぶのである。
d0044379_97327.jpg

Contax II + Sonnar 2/5cm. ILFORD DELTA 400
[PR]
by y_takanasi | 2005-09-12 09:07 | Sonnar2/50


<< 取り外し可能 10枚 >>