1年ぶりですが

 インターネットの、とりわけSNSや情報発信サービスが手軽になったお陰で、無断転載者がボウフラのように涌いて来る時代になった。これは何もモラルが劣化したとか著作権意識が低下したとかいうわけではなく、今まで隠されていた(あるいは気付くことのなかった)生活意識の低さが露呈したに過ぎない。むしろこうやってあぶり出される機会が増えた結果、モラルはともかく著作権意識は少しずつとはいえ上がってきているだろう。

 彼らを擁護するつもりは毛頭ないまでも、無断転載者のいくらかはそれが悪いことだとは認識していない。それでも「ネットに落ちていた」というフレーズには許し難いものがある。インターネットは公共の空間と看做されるが、その全域がいわば公共の道路なわけではない。むしろ、現実空間に比べれば、そのほとんどがプライベートスペースである。ただたんに、そのスペースがガラス張りで外から丸見えになっているだけだ。

 だから、あなたが「ネットで拾った」と云い張るものは、他人の家に掲げられたプライベート写真を窓ガラス越しに撮影したようなものである。あなたにそれを撮影する権利はあるかもしれないが、それを自分のものとして広く利用することはできない。あなたにできるのは、それはどこどこにあったと示すことくらいだ。たとえそれが検索サービスによる結果として見つけたものであっても、元々あった場所を明示しないものは単なる無断転載である。すでに無断転載されたものだからと云って、自分の無断転載行為を正当化することはできない。盗人から盗んだとしても、それはやはり断罪されるべき犯罪なのである。
d0044379_19101893.jpg

Saljut + VEGA-12V TriX
[PR]
by y_takanasi | 2015-12-31 19:11 | VEGA-12V


<< 1年ぶりどころじゃないですが 他人の目 >>