ぞなー

 正しいゾナー型の中望遠レンズは、コンタレックス用ゾナー2/85で一応の終焉を迎え、僅かにソ連(現ロシアとウクライナ)でユピテル9が生産されているに過ぎないが、その原型であるエルノスター=ゾナー型は未だに生き残っている。ヤシコンのゾナー2,8/85(2005年に製造中止)を始め、Gシリーズのゾナー2,8/90(同)、現行エルマリート2,8/90、それとMヘキサノン2,8/90だ。80年代まで遡れば、Mロッコール4/90というのもあった。

 エルノスター型はその名の通り、ベルテレがクルークハルト博士とともに開発した、エルネマン社のエルノスターレンズを源流とする。それはトリプレットの第1、第2群間に、凸メニスカスレンズを入れたもので、最初のものはしかしベルテレのものではなく、ガンドラックのウルトラスチグマットとして知られるマイナーの発案だ。エルノスターはこの第1、2群を接合ダブレットにしたもので、当時としては大変明るいF2の開放値を持つことができた。同じ頃、リーがガウス型で同じくF2のオピックレンズを完成させていたが、エルノスターほど有名になれなかったのは、エルノスターのほうが、小型で取り回しがよく、迅速な焦点調節装置のついたエルマノックスカメラに搭載されていたからだろうと考えられている。しかしこんにちエルノスター=ゾナー型と総称されるものの基本形は、むしろガンドラックのウルトラスチグマットに近い。

 エルノスター=ゾナー型は比較的製作しやすいのだろうか、中程度の明るさで画角の狭いレンズには数多く採用されている。国産135ミリレンズのいくつかはこのタイプだし、ツァイスの他マイヤーやライツもエルノスター=ゾナー型を利用した。この派生形とも云える2枚目と3枚目を貼り合わせたテレゾナー型とともに、中望遠クラスの標準型と云ってもいいだろう。大抵の場合、後群は接合ダブレットになっている。
d0044379_21142438.jpg

Contarex super + Sonnar 2/85. ILFORD DELTA 400
[PR]
by y_takanasi | 2006-01-04 21:15 | Sonnar2/85


<< Tele-Tessar K 6... おっきいの >>