Retina Ia

d0044379_22302050.jpg

 レチナIaだ。わが家のレチナはこれっきりである。あ、IIIcもあったか。でもアレ、シャッターがイカレちまったんだよな。これだからコムパーは。

 レチナIシリーズはご存知の通りレチナシリーズのボトムレンジを受け持つ、いわゆる入門カメラだが、高級機がほとんどクセノンとヘリゴンの2本立てなのに対し、レンズの種類が多いことで人気のあるラインでもある。ここにあげたIaも、USAエクターがついてることで比較的市場価値は高い。もちろんこのエクターはガウス型のF2ではなく、要はテッサーなのだが、無数にあるテッサー型レンズの中でも知名度と評価の高いことで知られる。あいにくわたくしのレベルでは本家テッサーとどう違うのか、指摘することも賞賛することもできない。よく写るな、と云うのが関の山だ。

 Iaはそれまでのノブ式からレバー式巻き上げになったカメラで、III型みたいにレバーが下ではなく上についてるから割合に使いやすい。シャッターはもちろんセルフコッキングだ。距離計はついてないから一見不便に思えるかもしれないけど、開放F値は3,5止まりだし、1mまでしか寄れないからさほど不安は感じない。ファインダーの小さすぎるのが難点なくらいだ。レチナのもう一つの欠点は、レンズを無限遠位置に戻さないとカバーを閉じられないことである。特に置きピンでスナップするI型ではコレが響いてくる。前蓋を開いて即シュート、というわけにはいかないからだ。もっとも、最初からカバーを開けて持ち歩けば何の問題もないのだが、それでは蛇腹カメラの愉しみを少しばかりスポイルするのである。
d0044379_22303662.jpg

Retina Ia (US Ektar 3,5/50). Kodak GOLD 200
[PR]
by y_takanasi | 2006-08-04 22:31 | Retina Ia (Ektar)


<< びおたー いくらでも書けるぞ >>