戦前の3本の2/5cmレンズ(その3)

 ところでここにもう1本の2/5cmレンズがある。クセノンではない。フェド2/50、すなわちハリコフのフェリクス・エドマンドヴィッチ・ジェルジンスキー・コンミューンで開発(模倣)された35ミリ小型カメラの高速レンズだ。フェドの小型カメラ──コンミューンの名前を採ってフェド(フェト)と呼ばれる──は1932年に発売されたライカDIIをベースにコピーされたものと云うのが通説だが、それは一部において間違っている。確かに今日良く知られるフェドはライカDIIの外観をもっており、量産品においてDIIを模倣したことは事実だが、それに先行するフェド・オリジナルの写真が存在し、これはライカA型のコピーなのだ。その決定的と云えなくもない状況証拠がある。すなわちフェドのフランジバックはDIIのそれと異なるのである。

 ライカA型がレンズ交換式のC型になったとき、実焦点距離のばらつきに由来するボディとレンズの組み合せの限定があったことは周知の事実だ。つまり、フェド・コンミューンは最初手に入れたライカAの寸法に基づいて最初のフェド・オリジナルを制作したあと、ライツがフランジバックを28,8ミリに統一したことを知らずにライカDIIの外観と距離計機構だけを模倣した。こうして基準焦点距離が51,6ミリではなかったライカAをベースにしたライカDIIのコピー、フェドが出来上がったのだ。フェドのフランジバックはおおよそ28,3ミリである。フェドの標準レンズ、フェド3,5/50(インダスター10)の実焦点距離を厳密に計測すれば、さらに詳しいことが判るだろう。

 さて、フェド2/50だ。一見しただけでズマールを参考にしたと判る。4群6枚のダブルガウス型構成で、硝材のインデクスまでは詳らかにしないが、ほぼズマールもどきと云っていいだろう。鏡胴の造りは固定鏡胴、沈鏡胴いずれのズマールとも似ない。あえて云えばエルマーとズマールの相の子だろうか。開放では強いフレアを伴い大変甘い描写をする。だがもともとの素性が良いのだろう──ズマールのデッドコピーならなおさらだ──シャープネスは絞ったところでさほど改善されないまでも、ソフトで細やかな描写は好ましいものだ。ゾナーが少し絞ったところから強烈なシャープネスを見せつつ、決して硬くはない──この点、戦後のニッコール2/5cmは硬い──優秀な描写をするのとは好対照だが、いずれのレンズもシャープに写るだけが能ではない、現代のレンズが失ったあるものを再認識させてくれる。

 ライカDII似のフェドは1935年頃に登場したが、フェド2/50を始めとする交換用レンズが現われたのは1938年も終わり頃だった。翌年にはソ連は交戦状態に入り(ポーランド占領と冬戦争)、その2年後には大祖国戦争が始まってしまうため、これら交換レンズの数も種類も少ない。やがてドイツの敗戦とツァイス資産の継承が戦後のソビエトレンズをツァイススタンダード一辺倒にさせてしまい、ビオターの後継であるヘリオスを除いてダブルガウス型の標準レンズは長い間姿を消してしまった。オリンピック・ニッコールのコピーと思しいヘリオス94が戻ってくるのは、1970年代に入ってからである。(了)
d0044379_1052155.jpg

Tsukishima, FED + FED 2/50, NEOPAN 400 PREST
[PR]
by y_takanasi | 2005-05-24 10:56 | FED2/50


<< プリント 戦前の3本の2/5cmレンズ(... >>