表現

 スナップ写真と云うジャンルにも、ある種のテーマみたいなものはある。それは風景や静物、ポートレイトのようにはっきりとはしないことが多いけれども、なにかしらの一貫性を持つことだってある。なければならない、と云うことではない。テーマは芸術にとって必要不可欠なものではないからだ。表現者自らがそこにテーマを設定したり、メッセージを込める必要は全くない、。もちろん、鑑賞者がそこからテーマやメッセージを引き出すのは自由だ。時には表現者が第1鑑賞者としてそれらを見つけ出すこともある。しかし繰り返すが、テーマは必要なものではない。芸術に必要なのは表現のみであり、それが可能であれば、自己主張すらも必要ない。少なくとも、表現者自らがそれらを表現物に込める必要はない。それらを引き出すのは鑑賞者、批評家の権利であり、時には義務でもある。よく批評家連中が、作品のテーマが判らない、自己主張がない、などと勿体ぶってコメントすることがあるが、それは彼らの目が腐っているからであり、先入主に縛られているからであり、無能だからである。全ての表現はそれ自体で完成されており、完全無欠なのだ。あとはただ、鑑賞者との間に感応を生じるかどうかだけだ。世に優れた作品と云うのは、その感応が一定の方向を持ち、多数の鑑賞者に発生する、と云うだけのことであって、もし芸術の名に値しない作品があるとしたら、感応が誰一人の身にも生じない場合である。だが、そんな表現作品は滅多にあるものではない。あるのはただ、面白いか、つまらないかの差だけだ。
d0044379_19221484.jpg

Contax I + Sonnar 1,5/5cm. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2008-01-13 22:10 | Sonnar1,5/50


<< まだ ボディとアダプタ >>