如何に見る

 写真とは作品であって、技巧ではない。即ちそれは結果であり、過程は鑑賞者にとって何らの意味も関係も有たない。ゆえに彼らにとっては、その原版がデジタルであるか銀塩であるか、カメラが何でレンズがなんだったのか、まったくの無関係である。彼らはただ、そこに在る絵を見る。それが正しい、そして最も真剣な鑑賞者の態度である。しかし同好の士、自らも写真を撮る者の場合、かようにストイックな鑑賞態度は取りにくいものだ。とりわけ彼がアマチュアならば、尚更に困難である。その障碍の一端は、彼らの向上心に由来しており、且つまた一端は、怠惰に由来する。いずれにしろそこには慾がある。だから我々アマチュアは、写真を写真のみとして捉えることができない。なんとも中途半端で、因果な趣味である。
d0044379_1911898.jpg

Contax II + Sonnar 2/8,5cm T. ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2008-09-06 19:02 | Sonnar2/85


<< フレアってみた 平家谷 >>