嫌いとか云ってみる

 前にも書いたかも知れないけど、わたくしはM型ライカが嫌いだ。あれは機械としてはよくできていて、商品としても第一級だと思う。終末的な敗戦と黙示的な国家分断から十年も経たずに誕生した工業製品としては、メルセデス・ベンツ300に並ぶドイツ工業の精華であろう。しかしわたくしは、M型ライカが嫌いだ。何よりアレは、美しくない。中途半端にのっぺりと抑揚がなく、緊張感の欠片もない。完璧なまでに人間に馴致され、聊かも破綻しようとする気概がない。これは機械が機械であることを止めて、家電に移行する刹那の姿である。そこにはもはやメカニカルカメラとしての美しさなど寸毫も存在する余地はない。そこへ行くと、バルナックライカには単純で、朴訥な美しさがある。それは同時代のコンタックスの対極にある美しさだ。それはとても粗野で、あけすけで、飾るところがない。少しも洗練されぬ、原始の美しさだ。だがライカは自殺した。不細工な鎧を纏い、当代きっての技術をもっともらしく覆い隠したM型は、コンタックスIIのエピゴーネンであることを殊更恥じるかのような出で立ちでもって、その無粋な姿を衆目に晒したのだ。それに比べれば、ゾルキー3やキヤノンIV型と云ったバルナックライカの無理矢理な変貌の方が、どれほどマシだろう。M型ライカは確かにRFカメラの完成されたカタチのひとつであるが、それはメカニズムにおいてのみのことであって、しかもそのメカニズムは慾を張って無用の領域にまで拡大された結果、冗長に膨れ上がってしまった。これでは美しい訳もない。機械の美しさは常に、内部機構の緊張的平衡によって規定されるからである。
d0044379_15431265.jpg

Contax II + Sonnar 2/8,5cm T. ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2008-09-21 15:43 | Sonnar2/85


<< アレだ、タマを嵌め込むやつだ。 でかい箱がすき >>