魯鈍

 最初に入った会社の備品がMacだったので、以来ずっとわたくしはまかーである。それ以前に触ったことのあるPCと云えば、玩具のようなMSXを除けば学校の研究室にあった98マシンで、MS-DOSかWin3がOSだった。Webの仕事を始めてからは95以降のWinOSも併用するようになるのだが、困ったことに今までただの一度もWinOSがMacOSより速いと感じたことがない。ワープロや表計算、メールまでMacで作業するので、WinPCは事実上Webブラウジングしかしないと云うのに、こやつは遅い。おまけにCPUもメモリも空きHDDすらもWinPCのほうが優れていると云うのに、数世代前のMacより遅い。起動速度も処理速度も、ベンチマークテストはどうあれ、体感として極めて遅い。WinPCの利点を挙げるとしたら、Macよりは落ち難い、と云うことだけだ。それでもMacは迅速に再起動してくれるし、PCはフリーズするものと決めてかかってるわたくしはこまめにセーブするから、トータルで見るとWinで作業する方がずっと時間がかかるしストレスも溜る。一体何が悲しゅうてこんな効率の悪いOSを多くの企業が採用しているのか。そりゃ基幹サーバとしては落ち難いOSのほうがいいだろうが、端末まで同じにする必要はないし、それが縛られてしまうようなシステムはシステムとして硬直に過ぎる。コストダウンと効率性を云々するなら、まず最初にOSを変えるべきだろう。ほんま遅くていらいらするわ。
d0044379_20171155.jpg

Zorkii-3 + Summarit 1,5/5cm. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-01-09 20:18 | Summarit1,5/50*


<< ゴミはゴミ箱へ 繰言 >>