85ミリ

 85ミリには、50ミリ以外で初めて使った単焦点レンズと云うこともあって、特別な思い入れがある。その85ミリがヤシコンのプラナー1,4/85と、旧コンタックスのゾナー2/85だったからなおさらだ。プラナーを使っていた頃はリバーサルばかり撮っていて、その描写と云うよりも発色ばかりに目を奪われていた。これと云ってろくな絵が残っていないのはそのせいもあろう。自分に色彩センスがないからと云うのもあるけれど、今でもカラー写真に心動かされることは少ないし、また撮るのも苦手だ。

 ゾナー2/85を手にしたのはちょうどモノクロに移行した頃で、最初に撮ったねこの絵(このブログの前のほうに掲載している)がいたく気に入って、現代機材を処分するきっかけともなった。絞り開放での甘い描写の中に、ピントの緩やかな山を表出して前後に溶けてゆくモノのカタチを見たとき、そもそも写真とは何であるかの答えの一端に触れたような気がしたのだ。

 爾来ゾナー2/85はわたくしにとって最初の「良いレンズ」となって、またそれを凌ぐレンズに出会ったこともない。いや、ただ1本あるとすれば、それはそのゾナーの最終進化形である、コンタレックス用ゾナー2/85であろう。ガウスタイプがどのように進化し、解像度と明るさを増したところで、このゾナータイプの最高傑作を超えることはない。
d0044379_5385390.jpg

Contarex super + Sonnar 2/85
[PR]
by y_takanasi | 2005-06-14 05:42 | Sonnar2/85


<< 感想 RFカメラに35ミリを >>