カテゴリ:Tanar3,5/35*( 1 )

Tanar 3,5/35

 これまたテッサー型の35ミリレンズだ。タナー3,5/35、田中光学のライカコピーカメラ、タナック用に供給されたものである。革製のセットケースにレンズとビューファインダーが収められていて、それだけでもなにか結構な感じがする。不思議なことにキヤノンのセレナー3,5/35もこのタナーも、最短撮影距離は3,5フィートで1mまでは繰り出せない。一体どんな理由があったのか。

 鏡胴デザインは無骨でがっしりしたものだ。操作感は悪くない。ピントリング自体が掴みやすくできているので、とっさに回すこともカンタンだ。ピントレバーの扱いに慣れていない身としては、これは助かる。絞りは不等間隔だが、クリックストップがついているので煩わしさは軽減されている。

 描写はセレナーと似たようなものだ。Wニッコールほどシャープでなく、エルマーよりピシッとしている。まずは中庸な写りとでも云うべきか。コントラストもほどほどにあって、モノクロで使う分には十分である。周辺は少し流れるようだ。この辺りはクセナゴンに似ている。

 35ミリレンズの需要が急速に高まるにつれて、テッサー型の35ミリはかなり短い期間でガウス型のそれに道を譲った。ズマロン、キヤノン2,8/35、F2,5と1,8のWニッコールと次々に明るいレンズが現れ、田中光学もF2,8のスペックで新しい35ミリ玉を出した。50ミリ標準レンズもガウス型全盛となり、テッサーは廉価なコンパクトカメラの、38ミリとか42ミリとかいった中途半端なレンズに生き長らえたが、それもズームレンズの採用によって姿を消してしまった。こんにち生き残っている35ミリ判カメラ用のテッサーレンズは、僅かにエルマー2,8/50のみである。
d0044379_4324372.jpg

Leica DIII + Tanar 3,5/35. NEOPAN 400 PRESTO
[PR]
by y_takanasi | 2006-01-09 04:31 | Tanar3,5/35*