カテゴリ:VEGA-12V( 9 )

1年ぶりですが

 インターネットの、とりわけSNSや情報発信サービスが手軽になったお陰で、無断転載者がボウフラのように涌いて来る時代になった。これは何もモラルが劣化したとか著作権意識が低下したとかいうわけではなく、今まで隠されていた(あるいは気付くことのなかった)生活意識の低さが露呈したに過ぎない。むしろこうやってあぶり出される機会が増えた結果、モラルはともかく著作権意識は少しずつとはいえ上がってきているだろう。

 彼らを擁護するつもりは毛頭ないまでも、無断転載者のいくらかはそれが悪いことだとは認識していない。それでも「ネットに落ちていた」というフレーズには許し難いものがある。インターネットは公共の空間と看做されるが、その全域がいわば公共の道路なわけではない。むしろ、現実空間に比べれば、そのほとんどがプライベートスペースである。ただたんに、そのスペースがガラス張りで外から丸見えになっているだけだ。

 だから、あなたが「ネットで拾った」と云い張るものは、他人の家に掲げられたプライベート写真を窓ガラス越しに撮影したようなものである。あなたにそれを撮影する権利はあるかもしれないが、それを自分のものとして広く利用することはできない。あなたにできるのは、それはどこどこにあったと示すことくらいだ。たとえそれが検索サービスによる結果として見つけたものであっても、元々あった場所を明示しないものは単なる無断転載である。すでに無断転載されたものだからと云って、自分の無断転載行為を正当化することはできない。盗人から盗んだとしても、それはやはり断罪されるべき犯罪なのである。
d0044379_19101893.jpg

Saljut + VEGA-12V TriX
[PR]
by y_takanasi | 2015-12-31 19:11 | VEGA-12V

地に足がついてない

 プリントを整理していたら、同じ絵を調子を変えて焼いたものが何枚も出てきた。仕上げのイメージが掴めなかったコマだと思うのだが、今見てもどの調子にすればいいのか今ひとつ判らない。撮った時の感興を想起すれば良かろうとも思うけれど、何しろ何年も昔の絵だ。その時の感興なんか思い出せる筈もなく、湧いてくるのは今正にその絵を見た時の感興のみである。こうなるともう、正しい調子なんてあろう訳もなく、どれがより好みか、と云うだけのことだ。しかしわたくしの目はそれほど肥えている訳でもないから、夫々の調子に夫々の感興を惹起されて、あれもいいこれも良いと右往左往する。もとより、撮影時に仕上げまで想定していないのだからこーゆうことになる。途は遠く、険しい。
d0044379_2049215.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-12-24 20:50 | VEGA-12V

黝い部屋

 焼き込みの感覚を忘れてしまいました。こーゆうとき、デジタル処理って便利だなあ、て思う。思うだけだがな。
 ところで右手がまたアレなことになっちまったので、水仕事ができません。4針も縫うとなんかもぐりのアイツみたいな様相だよ?
d0044379_19365295.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X. ILFORD MGW 1K
[PR]
by y_takanasi | 2009-11-07 19:36 | VEGA-12V

焼いた焼いた

 さて今回焼いたのは、Saljut-SにVEGA-12V(2,8/90)をつけて撮ったブローニー1本であり、つまり6x6だ。6x6もセミもキャリアは持っていたが、実は焼いたのは初めてである。機材を用意してから5年も経って、漸く実戦と相成った。引き伸ばしレンズはロダゴン2,8/80、印画紙はいつものイルフォードMGW 1K。1年も経っているので、最初からやり直しみたいなもんだ。素抜けのネガから露光時間を割り出して、コマの濃度から号数を選ぶ。つっても号数は1から2,5の間でやりくりする趣味なので、収まらない場合は露光時間を弄ってしまう。最後は理論よりも目の好みを優先するのが基本であろう。

 展示会には別の2コマと、ポートフォリオ用に築地ネタ(こっちは135判)を選んだ。個人的にはポートフォリオの方がメインだったりする。招待券が必要なヒトは連絡乞う。なくても入れるけど、入場料あるみたい。
d0044379_18522020.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-10-24 18:53 | VEGA-12V

進歩と停滞そして退行

 20年近く前に書いた文章を読み返すと、その若書きに慄然とすらするのだが、一方でまた、すっかり忘れ去ってしまった云い回しが多いのにもまた愕然とする。あの頃は月に十冊以上本を読んでいたし、PCもネット環境もなく、絵を描き文を書くのがほぼ唯一の趣味だった。また読んでた作家てえのがどいつもこいつも癖のある連中だったから、古風怪体な文体、云い回しにも大分触れていた。良くも悪くもそれらを模倣し取り込み篩にかけて彫琢することで、自分のスタイルを構築して行こうとしていた名残がそこに見受けられる。しかしそれから20年余りの星霜を経て、わたくしはわたくしのスタイルを確立し得たのか。甚だ心許ない。
d0044379_1831101.jpg

Saljut-S + VEGA-12V (2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-08-16 18:32 | VEGA-12V

重圧

 さすがに4年分もフィルムが溜ると焼くのがオソロしくなります。このうちモノクロは2/3くらいだから、100本以上はあるとゆう計算です。1回にプリントする枚数は6、7枚、週末にしか作業はできないので、最短でも1年はかかるってえ塩梅で。つかさ、こーゆう計算してっから焼けないんだよな。現実逃避。
d0044379_21384329.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-07-24 21:39 | VEGA-12V

立つ鳥

後も濁してみよう。
d0044379_21413839.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). RDPII?
[PR]
by y_takanasi | 2009-07-22 21:42 | VEGA-12V

かみがた, not 関西

 なんかのネット調査で、男が好む女の子の髪型第1位がポニーテールだった。ご他聞に漏れず、わたくしもだいすきだ。でも一番すきなのはお下げ──というか三つ編みで、それもツインよりシングル派だったりする。そして所謂ツインテールもストライクゾーンと、要は結んでりゃなんでもいいみたいだ。ところでポニーテール、これは結構痛い。いや自分ではピッグテールめいたものしかやったことがないので推測の域を出ないのだが、それでも頭の皮が引っ張られて割合いにしんどい。まして束ねた髪の自重でも引っ張られることになるポニーテールは、相当痛いんではなかろうか。そう云えば以前友人が、ロングヘアを背中に敷いて仰向けに寝るのは気持ち悪いと云っていた。平安の昔、貴婦人は寝る時に枕の脇から髪を上に流して函の中に収めていたそうな。男の烏帽子台(アレを何と云うのか不勉強にして知らない)も結構痛そうだ。
d0044379_2032199.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-03-05 20:31 | VEGA-12V

卑怯がモットー

 わたくしは、目的のためには手段を選ばない。写真においてもそうである。ねこ写真にしろ、スナップにしろ、手段を選ばない。と云うと、じゃあなんで不便なRFやら戦前のカメラやらを使っていて、高性能な現代SLRやもっと便利なデジカメを使わないのか、と云うと、単にねこ写真を撮るのが目的ではなく、そういった傍目には不便で厄介なカメラを使って撮る、それ自体が目的だからだ。

 そんなわけで、どちらかというと撮影スタイルが卑怯くさい。なりふり構わないのだ。正攻法でなく、搦手からも攻める。不意をつく。盗み撮りする。しかしまあ、ねこ写真はともかく、スナップなんてのは要するに盗撮である。どんなスナップの名手だろうが、どう云い繕おうが、キャンディッドフォトはすべからく隠し撮りみたいなものだ。それは第一には、やはり被写体に気づかれては困るからだ。これはもちろん、トラブルを避けるためでもあるし、不自然な挙動を取られないようにするためでもある。なにしろわたくしは、そこにある人間の、挙措の美しさ、存在そのものの美しさを捉えたいと思っているからだ。出来レースは見たくない。もちろん、出来レースでも美しいものはあるし、そもそもでき上がった写真を鑑賞するひとにとって、それが出来レースであるかどうかなんて、まったく関係ないのだがね。
d0044379_324093.jpg

Saljut S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2006-01-02 03:01 | VEGA-12V