カテゴリ:Triotar3,5/50( 5 )

A la recherche des mots perdu.

 2007年に新訳が出た小説を読んでいて、面白い表記に出会った。前世紀末から吹き荒れる言葉狩りへの一種の抵抗と云えなくもないが、同時にそれら蛮行が実にいい加減で感情的な我が儘に過ぎないかが推し量られる表記の仕方だ。そこにはこう印刷されている、聾、盲、唖。もちろんこのままでは出版自主規制に抵触するから、ルビが振ってある。みみしい、めしい、おうし。なんとも莫迦げたことに、一般的な読み方を少しく文語調に変えただけで、規制をパス──もしくはパスするに足る客観的根拠を与えられるだろうと云う、思惑である。わたくしはこの姑息な手段が悪いと云いたいのではない。この程度の云い換えで揺らいでしまう言葉狩りの論拠は、奈辺にあるのかと云うことだ。縁なき衆生は度し難し。
d0044379_20515931.jpg

Super Nettel I (Triotar 3,5/5cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-03-17 20:56 | Triotar3,5/50

繰言

 元旦の営業は11時〜19時です、なんて告知を見かけるが、これは弱冠24歳と書くのと同じくらい変な表現だ。当たり前だが弱冠は20歳を指す漢語であり、不惑が40歳以外を表さないのと同様、その他の年齢に用いるのは間違っている。そして元旦とは文字通りはじめのあしたを意味するのだから、元日朝の営業時間が19時までと云うのは明らかにおかしい。これに比べればX'masだとかSt. Valentine Dayなんて誤表記もまだかわいいもんだろう。
d0044379_17131915.jpg

Super Nettel I (Triotar3,5/5cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-01-04 17:13 | Triotar3,5/50

のびます

 今ウチに残っている蛇腹小型カメラと云うと、スーパーネッテル、イコンタ35、コンティナII、レチナIa、スーパーバルディナ、ドリナII、ウェルティックスの7台だ。以前はレチナII、IIIc、ビテッサ、カラート36があった。このうちどうあっても手放したくないのはスーパーネッテルとレチナIaだけだから、あとは処分したって構わないのだが、買った時と同様、市場価値はとても低い。それ以前に全くと云っていいほど需要がない。云わば不良在庫だ。コンティナIIのテッサーを除けば全部3枚玉だし、あまりにマニアックすぎて誰の興味も惹かない代物なのだ。
d0044379_19163980.jpg

Super Nettel I (Triotar3,5/5cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2008-12-20 19:17 | Triotar3,5/50

雑誌も激減

 以前、戦前の5サンチF2玉と、テッサー型35ミリ/F3,5を取り上げてみたことがある。35ミリの方は思い入れが殆どなかったので、手許には僅かしか残っていないが、F2の5サンチは3種とも健在だ。ところで次は戦前の5サンチF1,5でもやってみようかと思いついたものの、該当する玉がゾナーしかいない。極初期のニッコールとかライツクセノン、マイヤー玉は手に入れるのが難しい。戦後直ぐにまで拡げてみればノクトンとズマリットを有しているものの、シムラーの手配はやはり無理だ。こんな中途半端さでは比較記事としての纏まりに欠けて面白みがない。あとは、そう、戦前の5サンチトリプレットくらいかなあ。
d0044379_218171.jpg

Super Nettel I (Triotar3,5/5cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2008-12-19 21:08 | Triotar3,5/50

ねってるはいってる

 レチナの成功に刺激されたのか、コンタックスを安く供給しようとしたのか、よく判らないけれども、スーパーネッテルはこの両者の混淆といったカタチで世に現れた。基本的なメカニズムはクロコンのそれに負っており、ただ連動距離計だけがスーパーイコンタからの転用である。つまり機械的にではなく光学的にリンクしたドレーカイル方式だ。このシステムは耐震性が高く、従って精度を維持しやすい利点を持つ。そのためか一旦はコンタックスII型で旋回プリズム式に改められたRFも、次のコンタックスIVではドレーカイル式が採用される計画だった。もちろん、一般にはこの方式は、鏡銅部と本体側をメカニカルにリンクする必要がないため、蛇腹式RFカメラに最適だと云われている。戦後一時期、多くの中判フォールディングカメラがドレーカイル式を採用したくらいだ。

 さてこのスーパーネッテル、ツァイスの思惑通りには売れなかった。廉価版を目指したのにフラグシップと比べてさして安くならなかったからだ。基本構造がコンタックスと同じなのだから当たり前である。しかもレンズは固定式とは云え当初テッサーを奢っていたから、安くなるのは外装仕上げくらいなものだ。結果スーパーネッテルは高級機よりもタマ数が出ないという逆転現象を起こし、今日の中古市場でコンタックスが2、3台買えるほどの値付けになってしまったのである。
d0044379_20174823.jpg

Super Nettel I (Triotar3,5/5cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2007-04-22 20:18 | Triotar3,5/50