カテゴリ:TeleTessar-K6,3/180( 1 )

Tele-Tessar K 6,3/18cm

 それほど出番はないというのに、手許には180ミリレンズが4本もある。一眼レフ用が3本、レンジファインダー用が1本だ。ちなみに300ミリも3本あったりするのだが、そのハナシはまた今度にしよう、するかどうかはともかくとして。

 さて、RFカメラ用180ミリ玉とはコンタックスのテレテッサーK6,3/18cmだ。RFで180ミリとはなんか間違ってる気がしないでもないが、実はこの玉は想像するよりも使いよい。開放F値が暗いお陰もあって、基線長の犯罪的に長いコンタックスI型で使う分には、ピントの歩留まりも結構良いのだ。実用上唯一と云ってもいい問題は、パララックスくらいなものだろう。これの補正には慣れが必要だし、また慣れたところで厳密なフレーミングは不可能だ。もとより正確なフレーミングをしたい向きはSLRを使えば良いのであって、RFでそんなことを目論むやつはそもそもキカイの扱い方を間違っている。RFは標的を素早く捉えて切り取るのが本領なのだから、隅っこの細かいところに拘わるのは止したがよい。

 ところで望遠レンズで素早く、というのはちょっと無茶なハナシかもしれない。しかしこのテレテッサーKではそれが可能なのだ。さすがに被写体を見つけて3秒以内にシャッターを切るのは難しいが、5秒以内なら楽勝だ。フレームなんか距離計ファインダー(ブラコンの)の内側7割程度を目安にすればよい。RFに望遠は扱いづらいとはよく云われるけれど、それは実際に使ってみたことのない人々の云い分である。なかなかどうして、捨てたものではない。
d0044379_434378.jpg

Contax I + Tele-Tessar K 6,3/18cm. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2006-01-05 04:34 | TeleTessar-K6,3/180