カテゴリ:Pantar4/30*( 4 )

まだ

寒い。
暖かくなったら、動き出す。
ヒトも、サカナも。
d0044379_22132684.jpg

Contaflex beta + Pantar 4/30. Kodak SUPER GOLD 400
[PR]
by y_takanasi | 2008-01-29 22:14 | Pantar4/30*

異端のSLR

 コンタフレックスはその名の通り、SLRである。しかしシャッター機構はレンズシャッターで、ミラーもクイックリターン式ではないから、RFのような感覚で扱うことができる。サイズも旧コンタックスより小さく、軽快なことこの上ない。設計思想としてはツァイスらしからぬ妥協点が数多く看取できるものの、当時の戦略的観点からすれば、まず及第レベルに収まっていると云えよう。もし西側ツァイスに往時の体力と技術力とがあれば、当初からクイックリターンミラーやAEを搭載していたはずだ。それは結局、フォクトレンダーによって達成される。

 普及版とは云っても、シリーズには豊富なアクセサリーが用意されていた。3本の標準的な交換レンズの他、接写やテレアタッチメントにステレオ装置、マガジン式交換バックもあった。このクラスのカメラを扱う一般人には、とても必要のないだろうアクセサリー群である。この辺のフルラインナップぶりはやはりツァイスであろう。コンタフレックスはツァイスの技術史から見れば明らかに寄り道に過ぎない。しかしこの寄り道は販売戦略上一応の成功を収め、人々にSLRを普及させるきっかけになったのである。
d0044379_1672226.jpg

Contaflex beta + Pantar 4/30. Kodak SUPER GOLD 400
[PR]
by y_takanasi | 2007-10-06 16:08 | Pantar4/30*

紺太ふれっくす

 わたくしのコンタフレックスは、時々ミラーが上がりっ放しになる。モルトがぐさぐさになってるのか、張り付いて降りて来ないのだ。特に暫くほっといたあとが降りにくい。壊れかけたTVばりにぼかぼか殴ってやると降りてくる。その他は至って正常に動作する。

 このコンタフレックスはベータで、所謂廉価版のレンジに入る。だからレンズはテッサーではなく、パンターである。ローデンシュトック製と云われるパンターは、3枚玉だがよく写る。そこはツァイスのこと、廉価版とはいえ抜かりはない。それに上級機のテッサーだって、どうせ前玉回転式なのだ。3枚でも4枚でも大した違いはない。交換レンズのザッツ・パンターは30ミリと75ミリ。プロテッサーが35ミリと85ミリだから、結構広角よりの布陣である。合成F値は4と暗いけれども、さしあたり実用的に不満はない。写りも文句ないレベルだろう。このザッツ・パンターはコンティナIIIにも使えるので、目下のところ無用な欲望がもたげてくるのが悩みだ。
d0044379_18154397.jpg

Contaflex beta + Pantar 4/30. Kodak SUPER GOLD 400
[PR]
by y_takanasi | 2007-10-03 18:17 | Pantar4/30*

That's Satz-Pantar

 コンタフレックス・アルパ、ベータ、プリマの交換レンズは、30ミリと75ミリのザッツ・パンター2本である。標準が45ミリだからかどうか知らないが、テッサー搭載のコンタフレックスの交換レンズよりも焦点距離が短い。もちろん前群交換式だから絞り幕はない。装着すると開放F値が1段暗くなる。

 このパンターはコンティナIIIというVF機にも使えるのがミソだ。当然ベースがパンターのコンティナに限られる。ボディのほうのフレームは単焦点だから、30ミリと75ミリの単体ファインダーが存在するのだが、あまり知られていない。このため時折珍品と称してオークションに出たりするが、決して珍しいアクセサリではない。30ミリはともかく、75ミリで距離計なしというのはちょと辛いだろう。コンティナIIIにつくのはあくまでおまけのようなものだ。ただし最短は75ミリで1,5m、他は1mである。

 前玉交換式のレンズは後ろが固定された造りだから、発揮できる性能にも限界がある。しかしそれでも標準的な条件下での写りは大したものだ。コンタフレックスやレチナがターゲットとした層の利用方法を考えれば、これで十分に過ぎる。しかもその当時はフラッシュ撮影が流行を見せた時代だから、開放F値が暗くてもあまり支障はない。そうしてレンズシャッターはフラッシュ同調にもってこいだった。

 確かにツァイス・イコンはレンズシャッターSLRで寄り道をした分、コンタレックスの投入が遅れて東洋の島国のみならず、東のツァイスにすら遅れをとってしまった。だが一方で、ツァイスとしては比較的廉価なSLRを大量投入することで、世間一般の──あくまで研究者や写真家ではないごく一般大衆の──SLRに対する懐疑心を払拭することにも成功したのだ。その意味でツァイス・イコンは、やはりパイオニアであったことは間違いないだろう。
d0044379_20162277.jpg

Contaflex beta + Pantar 4/30. Kodak GOLD 200
[PR]
by y_takanasi | 2006-09-27 20:19 | Pantar4/30*