カテゴリ:Elmar3,5/35*( 1 )

テッサータイプの35ミリレンズ(その1)

 1902年の発明以来、およそ今日に至るまでテッサータイプは万能レンズとしてカメラ界に君臨してきた。確かに戦後は第一級品としての地位はガウス型やその他の得体の知れない──もちろんコンピュータの最適化プログラムはどの系列にも属さないカタチを生み出すからだが──レンズタイプに譲ってしまったが、雨後の筍のように現われた日本のコンパクトカメラや80年代以降の全自動カメラにもれなく搭載されて、少なくとも中級カメラの主役レンズであったことは間違いない。

 本家ツァイスのテッサーを始め、ライツのエルマー、ロス・エクスプレス、ベルチオのフロール、シュナイダー・クセナー、アグファのゾリナー、ロッコール、インダスターなど、テッサー型の名レンズは数多い。ローライフレックス・オリジナル、ライカA、イコンタ、ローライ35、これらカメラ史に残る写真機の最初の伴侶はテッサー型だった。(正確にはライカAはライツアナスチグマットだが、当初からエルマーを搭載する予定ではあった。変更されたのは特許と硝材供給の関係からだ。)

 ところで小型カメラ、いわゆるライカ判カメラの広角レンズとして最初に登場したのはライツのエルマー3,5/35だった(1930年)。これは50ミリのエルマーと違い、第2・3群間に絞り幕を持つ純然たるテッサー型である。コンタックスでライカを追いかけていたツァイスも広角サイドへの展開を図っていたが、ようやく1936年に登場した35ミリレンズはテッサー型ではなく、ゾナーの変形であるビオゴン2,8/3,5cmだった。その後もオルトメターやヘラーなどを繰り出してきたものの、戦前の35ミリと云えばこの2本が双璧であり、またほぼ唯一のライバル同士だった。

 但しライバルとは云っても、両者の描写力には明らかに差があった。ビオゴンは明るさで上回っていたし、開放からの描写も繊細でコントラストも良く、F4乃至5,6まで絞ればエルマーはおろか当時のどの焦点距離のレンズをも凌ぐ──8,5サンチのゾナーだけは別だ──優美な絵を作り出すことができた。もちろん、だからと云って35ミリのエルマーが悪いレンズだったと云うのではない。エルマーにはエルマーの良さがある。写真はなにもきりっとシャープに写っていれば良いというものではないのだ。
d0044379_9133366.jpg

Leica DIII + Elmar 3,5/3,5cm
[PR]
by y_takanasi | 2005-06-07 09:12 | Elmar3,5/35*