カテゴリ:Lordon1,9/50( 5 )

もくひょー

いちめえとるのこいをつる。
明日から頑張ゆ。
d0044379_1929976.jpg

Lordomat SLE + Lordon1,9/50. NEOPAN PRESTO 400
[PR]
by y_takanasi | 2009-01-01 19:29 | Lordon1,9/50

それは君のものか。

 誰もがその心の中に、その人自身の美を持っている。それは美を感じとる力であり、美を生み出す才能であり、美そのものである。それはこの世に唯一つのものであり、他人の美と似通うことはあっても、完全に合致することは決してない。だが不幸にして大多数の人々はそれを自覚しない。彼らはただ籍りものの美を己れの美と錯覚し、そこに安住することで自らの価値を腐損する。確かにそれは、生き延びるための知恵である。しかしそれはまた、生き延びるためだけの猿知恵である。それは多くの場合、倖せを齎すだろう──他人と同じような、他人によって代替されうる、誰のものでもなく、己れのものでもない。
d0044379_2091056.jpg

Lordomat SLE + Lordon 1,9/50. NEOPAN PRESTO 400
[PR]
by y_takanasi | 2008-10-30 20:10 | Lordon1,9/50

アウトフィット

 わが家のマニアックなアウトフィットと云えば、ロードマットとディアックスの2セットだ。それぞれヴェッツラーとウルムにあった小企業のRFカメラである。いずれも高性能というにはほど遠いけれども、各自に特徴を出そうとしていて面白い機械だ。ロードマットには非連動露出計とブライトフレームファインダーがあり、ディアックスには3眼式ファインダーがある。ギミックとしてはロードマットのほうがより面白いが、その分図体はでかくなってしまった。ディアックスにはコンパクトさという武器がある。

 どちらもレンズマウントはスピゴット式で、それぞれエナとシュナイダーのレンズを使っているから、描写もそんなに悪くない。特にクセノン2/45なかなかの性能だろう。ただ35ミリはどちらも平凡である。中心部の結像力はクセナゴン3,5/35のほうが良いが、周辺がぐるぐるだ。均一と云う点ではトラベター3,5/35のほうが優れている。もっともWニッコール3,5/35などには敵わない。せいぜいそのつもりで使うのが吉だ。
d0044379_163342.jpg

Lordomat SLE + Lordon 1,9/50. NEOPAN PRESTO 400
[PR]
by y_takanasi | 2006-10-22 16:03 | Lordon1,9/50

ボラボラボーラボラーレビーア

 ボラはなかなか釣りにくいサカナだと思っていたけれど、花見川では結構かかるみたいだ。それもルアーフィッシングで、である。ここはスズキ釣りを楽しむひとが多いのだ。だからボラは外道である。そこでのらのエサとなる。時ならぬごちそうにのら大満足。
d0044379_15124653.jpg

Lordomat C35 + Lordon 1,9/50. NEOPAN ACROS 100
[PR]
by y_takanasi | 2006-08-17 15:13 | Lordon1,9/50

Lordomat SLE

d0044379_20475082.jpg

 ロードマットSLEは1960年、前年のロードマットSEに非連動露出計を搭載した上位機種として、ヴェッツラーのライドルフ社から登場した。ファインダーは35ミリから135ミリまでの4フレームを有し、パララックス補正も利くようになっている、1眼式距離計連動カメラとしては高性能な部類に入るカメラだった。

 ライドルフ社は1950年代から60年代にかけて小型カメラを作っていた中小メーカーで、そのラインナップには目測式ライドックス及びロードックスと、RF式高級機ロードマットの2種類のシリーズがある。最初のロードマットはコンタックスIIと同じような1眼式RFだったが、C35で90ミリと135ミリのファインダーを増築し、SEでひとつのファインダーに4フレームがまとめられた。パララックス補正もC35では手動だったが、SE以降は自動である。このファインダーは素通しの等倍アルバダ式ファインダーで、間にハーフミラーを蒸着したガラス板が配置されているだけの、カンタンだが効率の良いものだ。もっとも4フレームのうち、35ミリはかなり強引に設けられているので、実用にはあまり役立たない。シャッターはゴーティエ社のプロンターSVSを継続して採用し、巻き上げは独特の手前に引くダブルストロークレバー式である(SLEの後期にはふつうの巻き上げレバーになった)。

 レンズマウントはヴェラやディアックスと同じようなスピゴット式で、レバー式の距離計連動機構を備えている。標準レンズとしてエナ社からF2,8のロードナー50ミリ、それにF1,9のロードン50ミリが供給されていた。この他にミュンヘンのシャハトから35ミリのトラベター、90ミリと135ミリのトラベナー(銘はロードナー)が用意されており、当時の一般的なレンズ交換式カメラの全スペックを備えていたと云える。
d0044379_2048143.jpg

Lordomat SLE + Lordon1,9/50. NEOPAN 100 SS
[PR]
by y_takanasi | 2006-02-17 20:49 | Lordon1,9/50