<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

くらいの

 暗いレンズ信仰、というのはばかげた話だけれども、わたくしは開放F値の暗いレンズが結構すきだ。ふつうF2から2,8もあれば十分で、3,5でも4,5でも、特別暗すぎて困る、ということはない。よほど特殊な状況でもなければ1,4なんて必要ないし、F1なんかむしろどこでどう使うのか聞いてみたい。

 もちろん、そう思うようになったのはクラカメに或溺するようになってからだ。もとより古いレンズのF値は暗いこともあるけれど、ゾナー2/8,5cmとビオゴン2,8/3,5cmを使ってからというもの、開放値の明るさには特にこだわらなくなった。

 現代レンズを使っていた頃は、人並みに明るいレンズがすきだった。ヤシコンユーザだったので、50、85、35のF1,4トリオは揃えるつもりでいたし、機会が(それとカネが)あれば55と85のF1,2限定レンズも欲しかった。同じ焦点距離で2つ以上のF値のレンズがあれば、明るいほうが良いに決まっていると思い込んでいたのだ。

 今考えれば無邪気なものだ。なにしろ開放で撮ることなんかまるでなかったのだ。今でこそ開放でばんばん撮っているが、その当時はF4もあれば十分だったのである。F1,4なんて、オーバークォリティである以上に、宝の持ち腐れではないか。そのヤシコンレンズも今や手許に1本もなく、ただ古い玉ばかりが増えている。
d0044379_9533831.jpg

Pentacon super + Flektogon 2,8/35. ILFORD 400 DELTA
[PR]
by y_takanasi | 2005-10-18 09:52 | Flektogon2,8/35

風景写真

 わたくしは風景写真というものが、どちらかというと嫌いです。あるいは、自分が撮るのが苦手だから、嫌いなのかもしれません。自分が撮れないものを、他人がやすやすと撮る。それが悔しくて、ことさら嫌いになったのかもしれません。しかし、どんな風景写真を見ても、心動かされないのは事実なのです。アダムスの雄大な自然、アジェのパリの街角、それらも観光絵はがきの一葉にしか過ぎません。

 ただし、そこに1人でもひとが写っていれば、突然心がかき乱されます。たとえそれが集合写真であろうと、パンフレットの作例写真であろうと、人間が写っている写真には心惹かれるのです。恐らく、わたくしは人間がすきなのでしょう。そうしてその人間たちの、今在ることを写しとどめた痕跡に、なにがしかの共感を覚えるのです。それは残念ながら、写真本来の美しさではないかもしれません。しかしそこから、写し出された人々の背後にドラマを紡ぎ出そうとするのでもありません。ただイマソコニnunc et iste在る人々の瞬間、未来でも過去でもない、窮極の点としての今の美しさが、わたくしの心を捉えて離さないのです。

 え、風景にだって、その瞬間の美があるじゃないか? そらまあそうなんですがね、どーもわたくしの鈍い感性には響いて来ないようでございまして。
d0044379_2274674.jpg

とかいいながら風景写真 Praktica LTL + Pancolar 1,4/55. ILFORD 400 DELTA
[PR]
by y_takanasi | 2005-10-15 02:28 | Pancoloar1,4/55

Flektogon 2,8/35

 SLRの35ミリ玉が今、手許に何本あるか数えてみた。フレクトゴン2,8/35初期型、フレクトゴン2,8/35中期型、ディスタゴン2,8/35(SL35)、RE,オートトプコール2,8/3,5cm、プリマゴン4,5/35、ミール24(2/35)、6本だ。なるほど、少ない。実を云うと、これより広角の玉はリディート3,5/30の1本しかない。50ミリ以上の玉は30本はあるから、いかにSLRで広角を使っていないかが判る。これがRFだと、35ミリ以下が20本以上と、やはり広角系はRFに偏っている。つまり、わたくしは由緒正しい60年代のフォトグラファなのだ。や、フォトグラファつうより、コレクターなんですがね。

 SLRの35ミリで一番使用頻度の高いのは、フレクトゴン2,8/35だ。こいつは18サンチまで寄れるし、40年以上前のレンズにしては発色もよい。モノクロで撮るとシャドウの艶やかさや、なだらかなグレーの移ろいがよく判る。シャープネスもほどほど(この、ほどほど、というのが大事だ)あって、実はコンタックスのビオゴン2,8/3,5cmに次いですきな35ミリ玉でもある。
d0044379_2234964.jpg

Pentacon super + Flektogon 2,8/35. ILFORD 400 DELTA
[PR]
by y_takanasi | 2005-10-13 02:22 | Flektogon2,8/35

コンタックスレンズ

 コンタックス用レンズでどれか1本選べと云われると、これが結構困る。個人的に好きな画角は50ミリのそれだから、ゾナー5cmのF1,5ということになる。F2よりF1,5のほうが好みなのは、開放からシャープで破綻も少なく、絞っても劇的な変化を見せることがないからだ。オールマイティと云うと没個性のようでもあるが、F2のゾナーを絞った時ほど超鮮鋭でもなく、僅かに柔らかみを持っているのがポイントだろう。

 文句なく最高峰に位置するのはビオゴン2,8/3,5cmだ。これは実際優れた35ミリ玉である。画角周辺まで均一で、ほどほどのコントラストを持ち(これが結構重要である)、カドの取れた描写をする。そうしてその佇まいや、モノとしての成りカタチが実に蠱惑的で、これに匹敵する造形美はトポゴンとホロゴンにしか見られない。唯一の欠点はカラーで撮った時の濁りだが、わたくしはモノクロ主体だからして、そんなことはどーでもいいのだ。

 でもやはり、この1本となるとゾナー2/8,5cmということになる。なによりその出会いが強烈だった。シャープでないことの美しさ、コントラストの低いことの優美さを教えてくれたのがこのハチゴだったからだ。そうは云っても絞ればある程度(というか十分に)鮮鋭になるし、黒も程よく引き締まる。ボケ玉でもくせ玉でもない。多少扱いが難しいことを除けば、当時はもちろん、現代でもその価値を減じることのない、優れたレンズである。
d0044379_1352347.jpg

Contax I + Sonnar 1,5/5cm. ILFORD 400 DELTA
[PR]
by y_takanasi | 2005-10-09 13:55 | Sonnar1,5/50

うで

 写真の良し悪しは何%腕で決まるか? わたくしの考えでは、100%だ。おいこら、云ってること違うじゃないか、機材はどうした、と思われるかもしれないが、なに、なにも矛盾したことは云ってない。機材の選択は技法の差異として表現に何らかの違いをもたらす。しかし、それが良し悪しを左右するわけではない。云ってみれば、適切な機材の選択は、よい写真にさらなる深みをもたらす。だが、悪い写真はどこまでいっても悪い写真である。

 残念ながら、適切な機材の選択も、腕の悪さをカバーし得るものではない。そんなことが可能だとしたら、写真芸術に勝利の方程式が存在することになってしまうではないか。機材の選択は、あくまで表現様式、技法の選択であり、でき上がった写真のよさを保証するものではない。この画一化された現代写真芸術のなかにも、よい絵は存在する。ただ、そこに面白みがないだけだ。

 ちなみに冒頭のわたくしの考え方には、もうひとつの重要な主張、すなわち、写真の良し悪しに被写体はいっさい関与しない、という考え方も含まれているのである。
d0044379_17575894.jpg

Leica M3 + Summicron 2/5cm(collapsible). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2005-10-07 17:58 | Summicron2/50*

ナマズはどこに

 大網のほうでナマズが釣れたというので行ってみた。春すぎに護岸工事が始まったエリアはまさに工事たけなわで、魚の棲む雰囲気でない。ただしコイはばかみたいにいる。コイはサカナ界のゴキブリである。

 駅前を流れる川の少し上流に行って、そこの落ち込みでしばらくボソアタックと戯れていると、10サンチほどの小バスがかかった。こんなところにもバスがいるのだ。

 折しも午後2時頃で、食い渋りの時間帯だ。そろそろと探りを入れて行くが、ボソが突っつく程度で芳しくない。コイには2度仕掛けをぶっちぎられてぶっちぎれる。3時すぎに、最初に小ブナがかかったポイントで2匹、形のいいフナが揚がった。恐らくはこの辺りに溜っているのだろう。ナマズは姿カタチも見えない。水は濁っており悪くはないのだが、天気が良すぎる。この辺で腹具合がおかしくなってきたので納竿する。

 帰ったら39度の熱を出して七転八倒した。
d0044379_20511189.jpg

VITO BL (C-Skopar3,5/45). Kodak GOLD 200
[PR]
by y_takanasi | 2005-10-03 20:50 | VITO BL (C.Skopar)*

構図

 写真教室や撮影技巧書でさも国家の一大事のように教え解説される構図というものに、わたくしは相当食傷している。大体どこに行っても何を見ても、云ってることは一緒である。つまりそれはノルムなのだ。ノルムはもちろん基礎であり、それ自体軽んじられるべきものではないが、しかしそこまでのものでしかない。すぐれたノルムの美というものはある。だがそれは最大公約数であって、自然数の公約数は決してそれ自身を超えることがない。おのれの中に美の規範を有たずに、どうして他人の美を模倣しようとするのか。自分で美しいと思った──思える構図で撮ればいいのだ。それは世間一般の美とは違うかもしれないが、少なくともあなたの美なのである。そしてそれこそが、表現なのではないだろうか。
d0044379_21534370.jpg

EXAKTA RTL1000 + Primotar 3,5/80. NEOPAN 400 PRESTO
[PR]
by y_takanasi | 2005-10-02 21:55 | Primotar3,5/80