<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フナコイ

 野生のコイ、正しいノゴイはすでに絶滅したと云われる。ヒゴイやニシキゴイなどのイエゴイが野に放たれて、とうに交雑が進んでしまったというわけだ。それでも一般にノゴイと呼ばれる準野生のコイは、低く精悍な体高、人に対する強い警戒心、針がかりした時の強烈な走りなどで他のコイとは一線を画し、コイ釣りの大きな魅力となっている。

 このノゴイと交雑したのが、フナコイと云われるサカナだ。フナは一般に体高が高めだが、フナコイはノゴイに近い流線型を描く。体長も大きく、フナが25cm前後なのに比して、尺を超えるまでになる。フナの仲間で尺越えになるのはヘラブナだけだが、ヘラはあからさまに体高が高いのですぐ見分けがつく。かといって小ゴイでないことには、口吻にヒゲはなく、はっきりとフナの特徴を示している。引き方もややコイに似ているが、ノゴイほど強い走りをするわけではない。フナ(特にギンブナ)は普通単性生殖だから、コイフナは珍しい交雑種で、そうそうお目にかかることはない。でもちょっと変な小ゴイを釣ったな、と思ったら、まず口許を調べてみよう。
d0044379_11475343.jpg

BESSA R2C + W-Nikkor 3,5/35. Kodak SUPER GOLD 400
[PR]
by y_takanasi | 2007-10-29 11:48 | W-Nikkor3,5/35

Meyer

マイヤーは戦前、アストロと並んで写真用望遠レンズの大手だった。その一方でツァイスのルドルフも在籍していたことがあり、マクロプラズマートやキノプラズマートといった、今ではレアな、魅力的なレンズも世に出している。それが戦後になると、東独政府の大きいことはいいことだ政策(?)によってその活動の幅を狭められ、ついにはペンタコン用の安物レンズを大量生産させられるまでに落ちぶれてしまうのだ。とは云っても、マイヤーの実力は侮ったものではない。なにしろその安物レンズの傑作オレストン1,8/50は、大ツァイスのパンコラー1,8/50を押しのけて、全ペンタコンSLRの標準レンズに採用されたのだ。もっともそれは、性能がずば抜けて優れていたからではなく、コストパフォーマンスが高い──つまり性能の割には製造コストが安い──からだったが。
d0044379_9522547.jpg

Canon AE-1 + Primoplan 1,9/58. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2007-10-10 09:53 | Primoplan1,9/58

異端のSLR

 コンタフレックスはその名の通り、SLRである。しかしシャッター機構はレンズシャッターで、ミラーもクイックリターン式ではないから、RFのような感覚で扱うことができる。サイズも旧コンタックスより小さく、軽快なことこの上ない。設計思想としてはツァイスらしからぬ妥協点が数多く看取できるものの、当時の戦略的観点からすれば、まず及第レベルに収まっていると云えよう。もし西側ツァイスに往時の体力と技術力とがあれば、当初からクイックリターンミラーやAEを搭載していたはずだ。それは結局、フォクトレンダーによって達成される。

 普及版とは云っても、シリーズには豊富なアクセサリーが用意されていた。3本の標準的な交換レンズの他、接写やテレアタッチメントにステレオ装置、マガジン式交換バックもあった。このクラスのカメラを扱う一般人には、とても必要のないだろうアクセサリー群である。この辺のフルラインナップぶりはやはりツァイスであろう。コンタフレックスはツァイスの技術史から見れば明らかに寄り道に過ぎない。しかしこの寄り道は販売戦略上一応の成功を収め、人々にSLRを普及させるきっかけになったのである。
d0044379_1672226.jpg

Contaflex beta + Pantar 4/30. Kodak SUPER GOLD 400
[PR]
by y_takanasi | 2007-10-06 16:08 | Pantar4/30*

紺太ふれっくす

 わたくしのコンタフレックスは、時々ミラーが上がりっ放しになる。モルトがぐさぐさになってるのか、張り付いて降りて来ないのだ。特に暫くほっといたあとが降りにくい。壊れかけたTVばりにぼかぼか殴ってやると降りてくる。その他は至って正常に動作する。

 このコンタフレックスはベータで、所謂廉価版のレンジに入る。だからレンズはテッサーではなく、パンターである。ローデンシュトック製と云われるパンターは、3枚玉だがよく写る。そこはツァイスのこと、廉価版とはいえ抜かりはない。それに上級機のテッサーだって、どうせ前玉回転式なのだ。3枚でも4枚でも大した違いはない。交換レンズのザッツ・パンターは30ミリと75ミリ。プロテッサーが35ミリと85ミリだから、結構広角よりの布陣である。合成F値は4と暗いけれども、さしあたり実用的に不満はない。写りも文句ないレベルだろう。このザッツ・パンターはコンティナIIIにも使えるので、目下のところ無用な欲望がもたげてくるのが悩みだ。
d0044379_18154397.jpg

Contaflex beta + Pantar 4/30. Kodak SUPER GOLD 400
[PR]
by y_takanasi | 2007-10-03 18:17 | Pantar4/30*