<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

糸引

 統治にメディアの支配は必須だと気付き、それを実行したのがナポレオンで、徹底したのがナチスであり、それなりの成功を収めたと云えるのがソビエトだ。そして今なお強力に押し進めているのは中国と北朝鮮だろう。一方この国では為政者のメディア統治能力は無能に等しい。勿論隣の国みたいに力ずくで統制すれば良い訳ではなく、そうと気付かせずに操作するのがとても下手だ。どちらかと云うとメディアに支配されている感があり、しかもそのメディアがまた低能愚劣である。これでは一億総白痴化しても無理はない。メディアを──そして勿論為政者をも支配しているであろう唯一の存在は、官僚機構である。そうして困ったことに、近代国家の病巣は政治家ではなく、この官僚組織にあるのだ。でもそんなこと、200年以上も昔からルソオが警告してるんだがな。
d0044379_20164951.jpg

Dollina II (Radionar 2,9/5cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-04-27 20:18 | Radionar2,9/50

呑気なことで

 メディアも世間も騒ぎ過ぎだっての、Tクンの件。ただの公然猥褻、もしかしたら公妨と迷惑条例違反だろ。おれは酔っぱらい嫌いだし、ガクセーみたいなハメの外し方はどうかとも思うが、ヤクをやった訳でも詐欺を働いた訳でもまして人を殺した訳でもないのに、このお祭り騒ぎ。何か別の重大な事象から目を逸らす為に煽り立てているようにしか見えない。まあ、普段からの悪人が悪事を働いても大して叩かれないのに対し、好人物がちょっとでも悪さをすると盛大に袋だたきにされるってゆうアレか。ホント、マスコミと大衆は豚以下だ。
d0044379_20423251.jpg

Contax II + Biogon 4,5/21. RDPII
[PR]
by y_takanasi | 2009-04-24 20:43 | Biogon4,5/21

懸戀の

 エキザクタマウントのオレステゴン2,8/29をずっと探しているのですが、お店は勿論オークションでも見かけません。抑もオレステゴンて名前自体ほとんど市場に現れず、たまに出て来るのはペンタコン銘、そしてマウントは決まってM42だったりします。ごく稀にBマウント玉も出て来ますが、今のところ──と云うか将来的にもわたくしの守備範囲外。エキザクタマウントが存在するのかも恠しくなって来ました。尤も同じマイヤーのリディートと1ミリしか違わないのだから、無理して手に入れるほどのモノでもないと云やあ、その通りなのですけれど。
d0044379_20364364.jpg

Contax II + Biogon 4,5/21. RDPII
[PR]
by y_takanasi | 2009-04-22 20:37 | Biogon4,5/21

gaulois

 わたくしの身の周りにあるキカイは、カメラもくるまも萬年筆もドイツ製なのだが、別段ドイツが殊更にすきだって訳じゃない。ドイツ音楽はあまりすきじゃないし、文芸や哲学となるとむしろ嫌いなほうだ。ひとつにはステロタイプなドイツ観、つまり生硬で理屈っぽい点に肩が凝る。それは工業や科学、医学などにはうってつけなのだろうが、人間活動を多角的且つ肯定的に捉えるには不向きな姿勢だ。いや、ドイツ語圏からはフロイトとユング、それとクラフト=エビングと云った精神分析学の泰斗が輩出したではないかって? そうだ、それこそ正にドイツ的な思想の賜物なのだ。つまり彼らは、神の視点から人間を理解、規定しようとしているのだ。だが残念なことに、人間はどう足掻いても神にはなれない。そこにフロイト精神分析学の限界があり、ドイツ哲学の悲劇がある。勿論それら決して逃れ得ぬ人間の不完全性からの解脱の試みが、ある種の美しさを齎していることは事実だ。とりわけそれが工業製品の中に昇華する時、喩えようもない陶酔感を味わうこともある。しかし文芸や哲学の中に、わたくしはそれらを見出すことができない。わたくしはもっと泥臭い、地べたを這うが如き身悶えの中に、人間の美しさを見るからだ。それ故常に人ありきで始まるフランス文学と哲学のほうに、より共振を感じるのである。
d0044379_2220327.jpg

Pentacon super + Sonnar 2,8/180. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-04-14 22:22 | Sonnar2,8/180

うに雑感

 わたくしは食べ物に好き嫌いは殆どない。とりわけ魚介類は大好物だ。昔壱岐からの帰りのフェリーで食べた海胆弁当、船内弁当の安物だったのだろうが、あの味が忘れられない。因みにこのフェリー、半水上高速船だったのでロールが激しく、左右の窓に交互に空と海が見えるくらいだった。父は船酔いに参っていたようだが、わたくしは楽しくて仕方なかったことも覚えている。その父と先日、海胆の軍艦巻を摘みながら以下のような下らぬ話をした。

 ネタの海胆は卵巣であるのは周知のこととて、さてウニに食べられるほどのミはあるのか。あるとしてどんな味なのか。もっともそんなことはどこぞの漁港にでも行って探して回れば良い。我々の興味はそこにはない。つまり、ウニは雌雄同体であるが、一個体で生殖を完結することはない。須く他の個体を必要とするのだ。これはミミズやゴカイなどの環形動物でも同様で、我々の知る限り凡そ植物以外の雌雄同体は自家受精しない。では人為的に、ウニでもミミズでもいい、同一個体の精子と卵子を結合させる試みは成功するのだろうか。はっきり云って何の役にも立たなかろう実験を試みた研究者はいるのだろうか。わたくしはもとより父もそんな事例を知らないのだが、何語であってもいい、そんな研究論文なり梗概なり、あったら教えて欲しい。それともうひとつ、高等生物では原型の性は雌性であり、そこにオスを指向する遺伝子が作用することで雄性が発現する訳だが、雌雄同体ではどうやって雌性を保ったまま雄性を活性化させるのだろう。原理上、原生殖器が2つ存在し、且つ一方のみに雄性遺伝子が作用しなければならない筈だが……

 ところで雌雄同体はヒトにも発現することがある。この場合ある時期に卵巣なり精巣なりを切除し、残した性のホルモンを投与して人工的に性を固定する。かつて(今でも?)ヒトの雌雄同体──ヘルマフロディトスは一部の文人、芸術家を夢想境に誘った。エラガバルスはそれ故に自らのローマ皇帝たる地位と、生命までをも喪ったが、さて、ヘルマフロディトスは自家受精することができるのだろうか?
d0044379_20264349.jpg

Pentacon super + Sonnar 2,8/180. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-04-12 20:27 | Sonnar2,8/180

なぞ

 殊、趣味となるとカネと手間を惜しまないのに、その他の事柄については徹底的に吝嗇さを発揮するのはどうゆう訳だろう。おたくとはそーゆう生き物なのだろうが、自らがおたくであり、十年以上もおたく相手の宣伝マーケティングを生業として来たものの、いまいち彼らの心的遷移が読み取れない。いや、表面的価値基準や行動パターンは把握してるんだが、そこに関与する内的動因が依然として曖昧模糊としている。心理学は未だこの辺の機微を詳らかにしないし、かと云ってそこに切り込む手立ても確立されていない。唯まことしやかに統計的憶測が(しかも往々にしてサンプルが偏っている)囁かれるのみだ。
d0044379_22563783.jpg

Dollina II (Radionar 2,9/5cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-04-04 22:57 | Radionar2,9/50

震災

 友人と話していて気が付いたのだが、震災と云う言葉の指すものが地域や世代によって違うらしい。勿論一般的な辞書上の意味ではなく、具体的な事象のことだ。その友人の捉え方だと、関西人は阪神淡路大震災を、関東人は関東大震災を指すのではないかと云うことだ。だが、実のところわたくしは関東育ちの関東住まいにも拘らず、震災と云ってすぐに想起するのは阪神のほうである。最初に勤めていた会社が関西系だったこともあるだろうし、友人知人に関西人が多いせいもあるだろう。しかしそれよりも、関東大震災の記憶が大分風化しているのではないかと思われた。例えばニュースを見聞きしても、ちゃんと阪神か関東か、あるいは中越かはっきり示して入るものの、町なかのインタビューやコメンテイターのせりふでは震災と略して呼んでることが多い。そして関東大震災を直に知る人はほとんど泉下に行ってしまった。9月1日の防災の日よりも、1月17日の祈念日のほうが多くの人々に生々しいのだ。このため、愈々震災と云う言葉と阪神の結びつきが強く印象に残ってしまうのであろう。
d0044379_22211456.jpg

Dollina II (Radionar 2,9/5cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-04-03 22:22 | Radionar2,9/50