<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

追われるもの

 さて、今年も展示会への出展を縁とノリで決めてしまったので、プリントの選定をしなくてはなりません。期限までもう1ト月ない上に、暗室作業は週末にしかできないので、実質この2週間でコマを選んで焼かなあかん。プレスの時間も入れるとかなりやばい。引越のごたごたに紛れて行方が判らなくなった機材のあらかたは発見したので、あとは印画紙が使い物になるかどうか。あ、薬液もね。
d0044379_20313352.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-29 20:32 | Sonnar1,5/50

銀輪

 わたくし今までチャリで遠出したことがほとんどありませぬ。往復で5キロ程度のもんなんですわ。くるまで流すのがすき、てのもあるんですが、どちらかと云うと自転車よりは歩き回る方がずっとすきなんですな。2、3時間くらいてろてろとあてもなくほっつき歩いて時々写真を撮る。ま、町なかがメインフィールドである以上、歩きの方が都合が良い。そうして撮るものがヒトとかねこだから、チャリでも具合が悪いのです。特に路地裏とか繁華街とか、林ン中とか自転車だと不便でしょう。いやまあガキの頃はママチャリで荒撫地乗り込んだりしましたけどね。
d0044379_1901459.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-26 19:00 | Sonnar1,5/50

のら分が足りません

 ねこを撮ろうにも、近くにのらがいないので、専らしま許り。しかし室内でRFてえのは取り回しが頗る悪い。尤もここ数ヶ月はSLRて気分ではないので、それ丈のためにSLRを引っ張り出してくるのは億劫だ。ところで近くにのらがいないと書いたが、ねこがいない訳じゃない。見かけるキャツらはみんなどこかの坊ちゃん嬢ちゃんだ。そうしてどう云う訳だか、キャツらはみんな警戒心が強い。人を見たら変質者と思え、と昨今の子供たちのように躾けられているのだろうか。そりゃ、ま、あたしは怪しいカッコしてますがね、ええ、どうせ。
d0044379_20403055.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-24 20:41 | Sonnar1,5/50

大海

 WWWが発展して、大変便利になったと感じるのは通販だ。わたくしのように生来怠惰な生き物には勿論のこと、販路の判らないもの、限定されているものも、割合簡単に見つけられる。それともうひとつ、学術論文や古典にアクセスしやすくなったのも有難い。とりわけ趣味でラテン語の原文にあたることがあるのだが、一昔前ならどこかの大学図書館に行くか(それもツテがないと目的の書物まで辿りつくことはおぼつかない)、Loebの叢書を取り寄せるしかなかったものが、検索をかけるだけで聖書もウェルギリウスも聖アウグスティヌスも読むことができる。いやラテン・ギリシャ古典だけでなく、トリテミウスやゴオティエ・ド・メッツの稀覯書すら閲覧できるのだから、好事家には天国だ。Googleも大企業なのだし、現代の絶版本ではなくこういった誰が必要としているかも判らぬ古典古書の全文データベース化に傾注してくれたっていいと思うのだ。
d0044379_20171187.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-13 20:17 | Sonnar1,5/50

さんまいぐみ

 今まで使ったトリプレットの中で、一番よく写ったのはロライB35のトリオターだ。残念乍らモノクロではほとんど撮らずに手放してしまった。次点はコンタックスのトリオター4/8,5cm。逆に一番ひどい写りだったのは、と云うと、少なくとも手持ちの中ではそこまで唸るようなものはなかった。確かにペロナーなんかはふわふわしていたけれど、使い物にならんと云うほどのレベルじゃない。カラー・シンターも面白みは全くないがちゃんと写るし、ノバー、パンター、ドミプランと云った低廉玉はむしろ価格以上の描写を見せる。大伸ばしに耐えられるかどうかは別の話だ。しかしわたくしの焼きは六ツ程度なので、さほど不便を感じない。むしろ半端なテッサー型の方が、時としてひどい写りを見せるものである。因みに中判だが、フォクターのF3,3はダメダメだった。
d0044379_228798.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-12 22:09 | Sonnar1,5/50

根矯めた

 Contaxの接写装置、Contameterには2種類あって(ファミリー自体には他にIkontaやTenax用などもある)、1340がContax III用、1343がIとII型の兼用だ。兼用と云ってもブラコンとクロコンとでは、レンズ光軸からアクセサリシューまでの距離と方向に微妙な差異がある。しかしそのくらいは大した問題じゃない、どうせトリミングするんだし、くらいの考え方なのだろう。バルナック型ライカと違い、ツァイスは接写にあたってレンズの繰出し量を操作するのではなく、光学的補正によって所与の目的を達することを選んだ。そこには光学設計に於ける自信が見え隠れする。この時から始まって、ツァイスには専らアタッチメントレンズによる補正を好む節が見受けられる。東のツァイスはヴェラにさえ、Contatestに似た近接アクセサリを用意した。でも戦後の潮流が当の東イコンとペンタコンとによってSLRにシフトしていったため、RFカメラの近接アクセサリは急激に顧みられなくなっていった。横着なことでは引けを取らないわたくしも、1m以下の被写体ならSLRを専らとする。こうやってわざわざContameterなんて使うのは、ねこを撮るためと云うよりも、正に使うために使っているだけのことだ。尤も、わたくしの写真道楽は機材を使うことに第一義を見出しているのだから、それはそれで無問題なのであった。
d0044379_20323450.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late) + Contameter. ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-11 20:34 | Sonnar1,5/50

冷房鏖殺

 空気はすっかり秋だと云うのに、なんで電車もビルも今だに冷房を入れているのか。
 おれを殺すつもりだな。そうなんだな。コロス。
d0044379_2033635.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-10 20:33 | Sonnar1,5/50

出番なし

 ウチには135フィルムを使うライカ判ではないカメラが何台か転がっている。所謂ハーフサイズカメラと、ロボット判と呼ばれるスクエアフォーマットのカメラだ。これらのいずれもここ数年と云うもの持ち出したことがない。市場価格もたかが知れているから、一種の不良債権だ。チャイカやフェドミクロンは手に入れた当時面白がってよく撮っていたものの、DPE店が段々と嫌な顔をするので億劫になってしまった。テナックスはと云えばもっと面倒くさがられるので、実質1本ずつしか通していない。こんな時こそ自家現像するべきだと思うのだが、ウチには吊るしておける場所がないのだ。いや実際、トイレ以外はしまの天下だから、間違いなく格好の標的となるであろう。
d0044379_20047100.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-08 20:01 | Sonnar1,5/50

 ここンところまるで本を読んでいない。特に小説類だ。これではダメだと本棚をひっくり返して、十年以上前に買っておき乍らすっかり存在を忘れていた「神州纐纈城」を見つけた。そういや香山滋や海野十三は貪るように読んだけれども、国枝史郎は初めてだ。それで唐突に思い出した佐藤紅緑の「あゝ玉杯に花うけて」も読みたくなって書店に赴いたところ(考えてみれば本屋じゃなくて古書店に行かなきゃ見つかる筈もないんだけどね)、「ナポレオン フーシェ タレーラン」と云う名の書策を発見したので、迷わず購ってしまう。そう、わたくしはボナパルティスト、じゃなくて、ナポレオン周辺のお話が一等すきなのである。

 さてこの書物、初版は2003年だから割と新しい部類に入る。著者は日本人で年季のいった研究家だが、案の定仏文出であった。案の定と書いたのは、文中引用が多々あるのだが、うち著者訳の文体がわたくしに云わせれば、いかにも、と云うやつなのである。大体仏文出の人間にはろくなやつがいない。わけても東大仏文は澁澤やら巌谷やら中条やら魑魅魍魎の巣窟と云ってよい。この鹿島某も東大仏文だ。その出自に恥じぬ、どこかくだけた云い回しや単語を用いて、読んでる方は誠に心地よい。唯一の難点は語尾が単調にすぎて、一文一文のリズムを損なっていることだろう。勿論単調さも徹底すればひとつのスタイルになり得るが、どうにも中途半端なのはいただけない。それはなるほど小さな瑕瑾ではあるけれど、点睛を闕くほどの大事でもあるのだから。
d0044379_20514356.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-07 20:53 | Sonnar1,5/50

あぶらみ

 冬の間動かなかった時計がちゃんと動くようになった。油が悪いのかね。時計油には伝統的にマスの魚油が使われているが、これが良質のものは結構高い。ハンズあたりで簡単に手に入るような代物とは訳が違うのだ。加えて注し方が難しく、自転車のチェーンに注すような感覚でやったら勿論のこと、カメラのギア油よりもずっとシビアだ。緩急針の調整はできても、油の量はなかなかにコツが掴みにくい。とか云ってるうちにもう秋だよ。
d0044379_1933938.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-05 19:04 | Sonnar1,5/50