<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゆきゆき

d0044379_20362528.jpg

Contax II + Topogon 4/25. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2013-04-29 20:36 | Topogon4/25

ねるにゃ

にゃふう。
d0044379_2344819.jpg

Contax II + Sonnar 2/5cm. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2013-04-19 23:06 | Sonnar2/50

にゃ

にゃふ。
d0044379_22243678.jpg

Exa Ver.4 + Lydith 3,5/30. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2013-04-15 22:25 | Lydith3,5/30

金山城址ふたたび

天守台の稲荷神社の裏手にある祠。
正面には立錐の余地なく、右手はもう崖なので、ここから撮るほかない。
d0044379_2241439.jpg

Contax II + Biogon 4,5/21. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2013-04-13 22:05 | Biogon4,5/21

金山城址

マヤみたい。
d0044379_204646.jpg

Contax II + Biogon 4,5/21. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2013-04-09 20:04 | Biogon4,5/21

転た寒心すべき

 石井研堂の「東京市騒擾中の釣」と云うエッセイがある。明治38年9月5日の国民大会(ポーツマス講和条約反対国民大会)に始まる警察焼打、いわゆる日比谷焼打ち事件のただ中に、浅草公園の禁漁池が一大鯉釣り大会の相を呈したさま等を綴っているのだが、その冒頭の文章に「違警罪者街上に充ち、転た寒心すべきこと多かりし」とある。問題はこの「転た(うたた)」と云う副詞だ。既に文語となって久しいが、「何とも云えず」「酷く」くらいの意味であろう。かねて折口信夫が推察するには、本来は「いよいよ」「ますます」と同じく状態の進行する様を表していたらしく、それが特に嫌悪、マイナスの方向へ寄って行った。「うたて」も同根であり、平安の頃には「うたて・あり」「うたた・あり」が一般的で、「うたて・し」は卑俗な用例だと云う。

 さて、そんなややこしい枕から何を引っ張って来るかと云うと、これは先年訪れた新田金山城の茶店址の絵だ。これこそ「すさまじ」の一語であろうか。
d0044379_19135846.jpg

Contax II + Biogon 4,5/21. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2013-04-07 19:16 | Biogon4,5/21

不知為不知

 ググレカスと云う俗語が出て来てもう大分経った。わたくしが思うに、この言葉で括られる行為をよくする者とは、ひとに物事を教えるのが面倒な人ではなく、また他人に自己研鑽と成長を促す指導者気取りの手合いでもなく、単に自分の無知がバレるのを恐れる愚か者のことである。つまり教えたくないのではない、教えられないのだ、知らないのだから。

 だからもし、そんなの自分で調べろとすげなく返されたら、ああこいつ知らないのに見栄張ってんだな、と察してスルーしてあげてください。間違っても、おまえも知らねえんだろ? と聞き返してはいけません。かわいそうだし。
d0044379_23512791.jpg

Contax II + Biometar 2,8/35 T. ILFORD XP2 super
[PR]
by y_takanasi | 2013-04-05 23:52 | Biometar2,8/35