film! film! film!

 コダックがついにフィルムを150%ばかりに値上げしてきて、いよいよ36枚撮り1本千円時代に突入した。界隈では早くもコダック死亡だの(本体はとっくにチャプター11適用されてるが)フィルムカメラ死亡だのとかまびすしい。だがそうやって騒いでいる連中は、フジが矢継ぎ早に銘柄を絞ってきた時もイルフォードが同じくらい値上げした時も同じことを云ってきたし、細々とフィルムで写真を撮ってきている身としては、口を動かすヒマがあったらフィルム使えとしか云いようがない。例のあずまんが大王ネタで云えば、「高いとか乗り換えるとかはいい、フィルムを使うんだ」

 メーカーの云いなりに高いフィルムを使うのがバカらしい、と云う向きも当然あろう。そういう考え方は否定しない。たんに、わたくしとは住む世界が違うと云うだけのことだ。メーカーだってボランティアでフィルムを作っている訳ではない。高くてもう買えないと云うのなら買わなければ良い。フィルム写真は終わったと云うならやめれば良い。利用者が減ることでメーカーは自分の首を絞めることになるかもしれない。それくらい彼らだって判っているだろう。それでも値上げせざるを得ない事情があるのだ。ならばフィルム写真愛好家にできることは、買って使うだけのことである。それができない、やりたくないのなら黙って手を引け。

 ユーザーが激減した結果、フィルム写真が滅亡したとしても文句は云うまい。供給コストを需要が吸収できなければ、いずれ廃絶は避けられないのだ。フィルムなど畢竟、経済商品に過ぎない。それによっていかなる芸術、表現作品が生み出されようとも、ベースは1個の商品なのである。であれば、市場原理に従うのは道理ではなかろうか?
d0044379_1523455.jpg

Contax II + Biometar 2,8/35 T. ILFORD XP2 super
[PR]
# by y_takanasi | 2014-05-05 15:26 | Biometar2,8/35

「フィルム」の自由

 わたくしはデジカメに愛を注げない前世紀の生き物である。理由は幾らでも付けられる。カメラが精密機械から家電になってしまった、と云うのはその最も手軽な理由だが、今、「手軽」と書いたように、それは本質的な原因ではない。最大の原因はもちろん経済的な部分にある。だが、単にカメラが高いと云うのは皮相的な見方だろう。経済的な問題は、つまり暗箱と感材が分離できないところに起因する。そう、かつてのフィルムカメラでは、このふたつが分離することで極めて効率的、経済的な機材の代謝をはかることができた。どんな廉価機でもフラグシップでも、この分離は完全だった。しかしデジカメでは、暗箱と感材は一体である。

 デジタルカメラでは暗箱、もしくは感材どちらか一方だけを更新、あるいは変更することができない。これはすこぶる非効率的である(中判高級機にはそれが可能なものもあるが、普及機でもそうすべきなのだ)。従ってどんなにボディ(暗箱)に愛着があっても、感材(画像エンジン)が陳腐化してしまえば、暗箱ごと替えなければならない。あまりないことだろうが、その逆も然り。これを非効率と云わずに何と云おうか。

 デジカメは云ってみれば、ボディにフィルム数百本がセットでついてくる抱き合わせ商材である。しかも途中でボディを替えたかったら、余っているフィルムは流用できずに、またフィルム数百本セットのボディを買わなければならない。余りのフィルムはすぐに時代遅れとなり、一方古いボディで最新の「フィルム」を使うことはできないのだ。

 もちろん、それどころか他社の「フィルム」を使うことだってできやしない。レンズについてのみ、他のフィルムを使う唯一の方法は、マウントアダプタを介して他社のボディに装着することである。このミラーレスデジタルカメラ全盛期にあって、アダプタ道楽がフィルム時代以上に猖獗を極めたのには、かくも明快な理由があったのである。
d0044379_2391471.jpg

Contax II + Sonnar 2/8,5cm T. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2014-04-13 23:10 | Sonnar2/85

終わりの始まり

 正しい、と云うよりも真性のフィルム写真好きは、フィルムがなくなった時ではなく、フィルムカメラの新製品が出なくなった時にこそ、その活動を停止すべきなのではないか、と最近思う。フィルムに最適化されたカメラやレンズの新製品が開発されなくなるということは、進化発展をやめたということだ。それが技術的に不可能になったのかどうかは無関係に、ただ進化をやめた、と云う点が重要なのだ。従ってそれ以降のすべてのフィルム写真は、過去の残滓によって生きながらえているわけであり、これは退行、緩慢な死なのである。たとえ感材が進化を続け得たとしても、現像方法に革新があったとしても、そこに像を結ぶシステムが「死んで」しまっている以上、すべてはただのノスタルジーであり、亡き子の歳を数えるようなものだ。

 もちろん、わたくしはそれが悪いとは云っていない。わたくし自身がその亡き子の歳を数える親である。だからこそ云いたいのだ、フィルム写真に拘泥する輩は、進歩に背を向けた頽廃の徒なのだと。そしてそのことをよく肝に銘じておくべきなのだと。
d0044379_2334628.jpg

Retina Ia (Ektar3,5/50) ILFORD XP2 super
[PR]
# by y_takanasi | 2014-04-06 23:04 | Retina Ia (Ektar)

IYH

してないよ?
d0044379_2039574.jpg

Contax II + Biogon 2,8/3,5cm. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2014-03-31 20:40 | Biogon2,8/35

無駄意

d0044379_2145129.jpg

Zorkii-3 + Russar MR-2. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2014-03-21 21:46 | RUSSAR MR-2

ねこひなたぼっこ

うむ
d0044379_23382969.jpg

Zorkii-3 + Russar MR-2 (5,6/20). Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2014-03-14 23:39 | RUSSAR MR-2

にゃあ

キャツはKYのかまってちゃんなので、呼ばれてもすぐに返事をしない、煽られても怒らないのが肝心だ。皮肉は通用しないし、うるせーとどなれば、やたっ、釣れたっ、とばかり図に乗って煽られるのがオチである。飯くれー、おんも出せー、うんちしたー、遊べー、ととにかくうるさいのをじっと耐えて、耳でも塞いで嵐が通り過ぎるのを待つのがよかろう。つかそれにしてもうるせーなおい!!
d0044379_0444612.jpg

Contax S(D) + Biotar 2/5,8cm. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2014-03-04 00:45 | Biotar2/58

月末のTLにねこが!

なにかをみつけた。
d0044379_2022774.jpg

Petri PENTA V6 + Petri 2,8/35. FUJI SUPERIA X-TRA 400
[PR]
# by y_takanasi | 2014-02-28 20:23 | Petri2,8/35

成人の日

 世間的に見てわたくしはもうだいぶ若くない。若くないなどと虚勢を張ってみてもダメで、はっきり年寄だ。歳の割にふらふらしている理由はいくつか思い当たる節もあるが、意識的に若年層の文化行動に目を向けているせいもあるだろう。わたくしは社会がどう発達あるいは退化しようが、活力は常に下の世代から涌いてくると考えているから、彼らの文化にはたいへん興味があるし、自分もしくはその上の世代を基準としてそのスタイルを断罪したくない。道徳についても同然である(なお、法と道徳は似て非なるもの故に、違法については世代を問わずこれを非難する)。もっとも、道徳と云うものはだいたいが上から下へ強制される理念であるから、わざわざ論う価値もないだろう。

 頃合い恰も成人式である。毎年のようにニュースになる新成人のご乱行と突飛な文化スタイルであるが、毎年のように、と前置きした通り、これは今に限った現象ではない。そう、いつの時代にもおかしな新成人は一定数存在したのであり、それは今、そのニュースを見て眉を顰めている世代にも、それをニュースに仕立て上げた世代にも存在し、彼らもまた今時の若いものはと蔑まれた世代の一員なのである。愚かなのは槍玉に挙げられた連中であって、彼らがその世代を代表している訳ではない。だが人間は別の意味で愚かであるから、かつて、俺らはあいつらと同類じゃない、と憤慨したことも忘れて、今時の若者は、としたり顔で慨嘆してみせるのだ。
d0044379_1758847.jpg

Contax II + Sonnar 1,5/5cm. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2014-01-13 17:58 | Sonnar1,5/50

記憶の伝承

この歳になってひとつ判ったのは、人間がなぜ結婚して(しなくてもいいが)子を作るのか、と云うことだ。それは己が血を残そうとする欲求ではない。それは己れの記憶を伝えたいがためなのだ。だから子供は実子でなくとも構わない。養子でも連れ子でもいい。かつて家(名)を遺すことに汲々としたのも、家が個々の記憶の集合体であったからだ。勿論、自分の記憶を残すには他の手段だってある。詩文や絵画、音楽をものしたり、あるいは科学、学問、政治や軍事に大きな足跡を残すことだ。功だけでなく罪のほうでも残すことはできる。稀にはただ犯罪だけで後代に残る人々もある。これらの手段の中で、子供を作るのが一番手っ取り早い(近頃はそうでもなくなったようだが)手段だったに過ぎない。人間が恐れるのは、自分が忘却の淵に沈むことなのだ。
d0044379_17142686.jpg

Contax II + Biometar 2,8/35 T. ILFORD XP2 super
[PR]
# by y_takanasi | 2014-01-05 17:13 | Biometar2,8/35