手を使い頭を使え

 昔に比べてまったくものを考えなくなったので、せめて1週間に1日は頭を使おうと思って既に半年が過ぎた。この時点でもう色々とダメなのは判っている。ペンと同様、使わない頭はすぐに錆びるのだ。ものを考えられなくなったのは、twitterで刹那的な感想を垂れ流すことに頭が慣れてしまったからだろう。アレは基本的に咀嚼する必要のない、つるりと呑み込むソバのようなものだ。いや、呑み込むのではなく、吐き出すのだから、その喩えはおかしい。たぶん、適切な喩えさえすらっと出て来ないところに、事態の深刻さは表れている。昔からわたくしは、書くことで考えてきたから、書かなければ鈍るのも当然なのだ。そうして仕事もプライベートも、筆記具を握る機会はめっきり減った。同じことのように思えるかもしれないが、手書きとキータイピングでは脳に与える影響が異なることが判っている(現時点では)。キーボードを叩く作業は筆記行為の代替にはなり得ないのだ。

 ごく最近では、スマホ脳などと云う言葉も出てきた。しかしこれはゲーム脳みたいなもので、古い考えの老人が自分たちに理解できない現象を貶めるための造語だから、わざわざ取り上げて反駁する必要もない。ことはなにか特別なデバイスの問題ではなく、文字を書くか書かないかだけの違いなのだ。テレビを見て新聞を読むだけの人間も、パソコンでネットニュースを読んで動画サイトを巡るだけの人間も、オツムの回り方は恐らく同レベルだろう。回った結果出て来るもの自体は異なるかもしれないが、情報処理のパターンは変わることがない。ただひたすらに動物的な、知性のないルーチンワークなのだ。
d0044379_2236508.jpg

Contax S(D) + Biotar 2/5,8cm T. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2013-12-10 22:38 | Biotar2/58

自壊してください

 以前も書いたことがあるが、「自戒を込めて」なるフレーズを入れる連中は、まず自戒したためしがない。この云い回しはブーメラン対策によく使われる、ただの予防線だ。一見すれば反省するかのように見えるし、本人に多少はそのつもりもあろうが、云い訳している時点で覚悟のほどは知れている。舌の根も乾かぬうちに彼らは「自戒」すべき所行を繰り返すのだ。従ってこの文句を多用する人間の云うことをまともに聞く必要はない。まして説教じみた言説はそこらのゴミ箱に放り込むのが最適解だ。この手合いはちょっと気の利いた警句を吐いてみたくて、でもそれが確実に自分に返って来ることも知っているから、反省もしているアピールをしたいだけなのだ。謙遜どころではない、とんだ自己顕示欲のカタマリなのである。
d0044379_12411565.jpg

Contax II + Sonnar 2/5cm. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2013-12-08 12:42 | Sonnar2/50

規制のゆくえ

 どのような表現、あるいは活動領域においても、一部の無法者によって世間一般の悪印象を助長し、ひいては規制強化へと繋がることが多いのはやり切れない。勿論無法者が悪いのは当然だとして、恰も個の責任を全体に負わすが如き規制スパイラルには納得がゆかぬ。ことは業界、社会の自浄努力の問題ではなく、あくまで無法者個体の問題なのである。それを活動領域そのものを拘束しようとは、臭いものには蓋をしろと云わん許りの姑息な手段であり、むしろ立法、ルール制定側の怠慢と断言しても良い。そうして枠を嵌める側は、自分たちには関係のない領域だと思うと、ことの単純且つ拙速な落着を図るが、その大半は想像力欠如に基づいた将来的な自縄自縛に陥る結果となろう。

 人間が社会生活を営む上で、おのれに関係のない領域などほとんどないと云って良い。そんなことを何の疑念もなく云えるとすれば、それはもう間もなくこの世から退場する人間くらいだろう。そうしてなお困ったことにこの日本は、有権者に占めるこの種の人間の割合が益々増えてゆく状態に置かれているのだ。
d0044379_23242721.jpg

Contax II + Biometar2,8/35 T. ILFORD XP2 super
[PR]
# by y_takanasi | 2013-11-23 23:24 | Biometar2,8/35

殺伐としたTLに猫が!

いや、なんでもない。
d0044379_20215088.jpg

Petri PENTA V6 + Petri 2,8/35. SUPERIA X-TRA 400
[PR]
# by y_takanasi | 2013-11-17 20:22 | Petri2,8/35

考える葦ペン

日々、筆の衰えを強く感じるようになると、書けなくなった作家が悲観して命を絶ちたくなる気持ちが判らなくもない。わたくしは文筆をもって口に糊する者ではないが、かような立場であるのにも拘らず、筆の衰えに恐怖を感じるのだから、それを生業とする者の絶望や如何ばかりであろう。

わたくしにとって書くということは、考えるということと同義である。つまり書けなくなるという事態は、考えることができなくなるということだ。凡そこれまで惰性で生きてきたようなものだが、これからなお惰性に弾みを付けて生きるのには耐えられぬ。従ってこの先にあるのは、書くか、死ぬかのいずれかである。もとより小心者であるからして、死ぬることは考えられぬ。すなわち書くほかないのである。それがいかに劣化しようとも、だ。
d0044379_16581330.jpg

Contax II + Biogon 2,8/3,5cm ILFORD XP2 super
[PR]
# by y_takanasi | 2013-11-09 17:00 | Biogon2,8/35

今夜からがんばる

なにをだ。
d0044379_20375328.jpg

Contax II + Sonnar 2/8,5cm T. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2013-08-30 20:37 | Sonnar2/85

冷房

食堂にしろカフェにしろ、夏場に冷房をひどく効かせている店の大半は、なぜか冷房風の直撃する席が最後まで空いている。いや、「なぜか」なんてことはない。寒いからに決まってる。はっきり云って、電気とスペースの無駄だ。彼らは設定温度をもっと上げるべきなのだ。それで暑いなどとぬかすバカには、冷風直撃コーナーに座ってもらえば良い。ヤツらは暑いより寒いほうがいいのだろうから。しかし十年以上観察してきたところ、暑がってる連中もどういう訳だか冷房直撃エリアを避けている。つまりそれでは寒すぎるとバカなりに判っているのだ。それゆえ、こういった手合いが冷風直撃されてちょうど涼しいと思う程度に、冷房の設定温度はじゅうぶん上げておくべきなのである。
d0044379_209957.jpg

Exa ver.5 + Lydith 3,5/30. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2013-08-19 20:10 | Lydith3,5/30

よわい

わたくし暑さに強いと云うより単に寒さに弱いだけなのです。従って冬よりは夏のほうがすきとは云うものの、夏が特別すきな訳でもありません。てゆーか暑すぎて死ぬ。
冷やせばコールドショック、暖めれば熱中症と、今年の夏は特に対応が難しいのです。暑すぎて今これを書いているノートの文字もがたがただよ。ブログじゃ判んねーけどさ。
d0044379_1511193.jpg

Contax II + Sonnar 2/8,5cm T. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2013-08-18 15:01 | Sonnar2/85

ナツ

すっかり夏です。
云われなくたって判っとるわボケぇ、
などと罵られそうですが、
すっかり夏です。
(大事なことなので二回云いました。)
d0044379_21562176.jpg

Exa ver.5 + Lydith3,5/30. Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2013-08-09 21:57 | Lydith3,5/30

ペン

銀座に出てボールペンのインクを替えて来た。ほぼ10年ぶりだろう。クロスとパイロットの二本ともだ。一番インクの出が滑らかだったパーカーは、もう何年も前に陸運支局で紛失してしまった。その型はとっくに廃番である。

ボールペンはふだん余り使う事がないので、インクの消費がとても少ない。そのせいで10年余りも交換する事がなかったのだが、それだけ経っても案外書き味に変化はないのが大したものである。ビックのボールペンなんて、買って一週間もしないうちに滑りが悪くなったものな。
d0044379_1745723.jpg

Contax II + Sonnar 2/8,5cm T. ILFORD XP2 super
[PR]
# by y_takanasi | 2013-07-21 17:09 | Sonnar2/85