戦前の3本の2/5cmレンズ(その2)

 この新参者の攻勢に対し、翌1933年ライツは早くも防衛策を打ち出した。低速シャッターを装備したライカDIIIの登場と、ズマール2/5cmの投入である。いわゆるダブルガウスタイプのズマールが、なぜトリプレットの変形ではなく、リーのオピックレンズに端を発するこの途を採ったのか詳らかにしないが、マックス・ベレクにはガウスタイプについての論考も多くあるから、慣れた手法によったのかもしれないし、あるいはゾナーによってトリプレットの行く先を指し示された結果、否応なくガウスタイプの展開を模索したがゆえの論文の多さかもしれない。いずれにせよ、ライツとベレクがガウスタイプを選択したことは、この時点でまだ幾分かの制約事項(例えば界面反射の問題)を伴っていたとは云え、大口径レンズの発展について先見の明を有っていたとも云えよう。

 ライカ判カメラにおける最初の本格的なダブルガウス型のレンズ、ズマール2/5cmは、しかしそのライバル(ゾナー2/5cm)に対して空気境界面が8つもあるというハンデを背負っていた。コーティングのない時代、この空気界面の存在は画質に悪影響を及ぼすフレアの原因として忌まれており、一面につき約5%の光が失われるか乱反射するため、8面ともなれば1/3以上の入射光量がフィルムに正しく到達しないことになる。ツァイスはこの界面数に制限を設けていたと思しく(例としてヘラーの設計手順)、ビオゴンとオルトメターを除く戦前のコンタックスレンズはすべて6面以下だった。ゾナーがその驚くべき鮮鋭度と明るさを有ちえたのも、「貴方のカメラの鷹の目」テッサー同様、6面に抑えたお陰でもあった。

 このハンデにも拘らず、しかしズマールは12万本を売った。ヘクトール2,5/5cmが1万本に満たなかったことを考えると、ただ単に明るかったがためだけとは思われない。実際空気界面による損失量を考慮すれば、ズマールの開放F値は2,8に近かったはずである。今日残るズマールの多くは、フロントエレメントの硝材が柔らかいせいもあって状態の悪いものばかりで、このため新品当時の性能を発揮し得ていない。このような個体の写りの悪さがズマールの評判を落としているのだが、それはベレクの思いもよらないことだったろう。コンディションの良い、あるいは後世再研磨コーティングされたズマールの写りは決してゾナーに劣るものではない。確かにシャープネスでは一歩を譲るとしても、画面全体に亘る穏やかで繊細な描写は他の何ものにも代え難いはずだ。ライツ──ベレクの選択は間違ってはいなかった。それはズミタールを経てズミクロン2/50において完全に証明される。
d0044379_614331.jpg

Urayasu, Leica M3 + Summar 2/5cm, ILFORD 400 DELTA PRO
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-23 06:18 | Summar2/50

戦前の3本の2/5cmレンズ(その1)

 ツァイス・イコンが35ミリ判小型カメラの偉大な先達ライカに挑戦したコンタックスは、結果的にボディでは敗北を喫したけれども、大戦終結までの13年間、常に技術的に優位に立ち続けた一群のレンズを擁していた。1932年にお目見えした3本のゾナー、2本のテッサー、1本のトリオターのうち、中でもF2とF1,5の5サンチのゾナーは、その驚異的な明るさ(欧米では速さと云うが)で一世を風靡し、ハコで遅れをとったツァイスの面目を保ったのだ。

 ほぼ独学でレンズ設計者となったルートヴィヒ・ベルテレは、1923年にトリプレットを改良したF2エルノスターによってその才能を開花させていた。このエルノスターの第2、3群間の空気間隔をガラスで埋めることで、より高次の補正をきかせたのがゾナーである。最初の設計では後群は単エレメントだったが、すぐに貼り合わせダブレットとなり、これがF2ゾナーとして1932年、世に出ることになる。ゾナー型の特徴は正の歪曲がやや強いことと、コマ収差が比較的良く補正されていることだ。このためその明るさにも拘らず、その当時としてはシャープで力強い絵を作ることができた。ゾナー型はバックフォーカスの短さから、一眼レフカメラが主流となった戦後、標準レンズとしては急速に廃れていったが、今でも中望遠クラスのレンズにそのバリエーションを見かけることが多い。
d0044379_5105812.jpg

Kobe, Contax II + Sonnar 2/5cm, Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-22 05:15 | Sonnar2/50

Flektogon 2,8/35

 フレクトゴン2,8/35は東独カール・ツァイスが初めて世に送り出した一眼レフ用逆望遠レンズであり、パリのP.アンジェニューに遅れること1年の1951年のことだった。シュツットガルトの分家、西独ツァイスが距離計連動カメラに拘泥しているうちにいち早く戦後のカメラの流れを捉えていた東独ツァイスは、コンタックスSで一眼レフカメラのスタンダードを作ってしまい、その後も管理経済社会の中、60年代までどうにかリードを保ち続けたのだ。

 それゆえに、と云うわけでもないが、東独ツァイスが光っていたのは1950年代から60年代前半までだった。この間に誕生したツァイスレンズは、どれも現代でさえ通用する品質を有っているし、カメラだって──多分に趣味的だけれど──使えないわけじゃあない。少なくとも20ミリから1000ミリまでの魅力的なレンズラインナップは、各種のマウントアダプタやベッサフレックスのお陰で、まだまだ現役でいられるってことだ。
d0044379_5362522.jpg

Contax S + Flektogon 2,8/35 Tri X
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-19 05:39 | Flektogon2,8/35

Biogon 4,5/21

 ビオゴン4,5/21はなんとも魅力的なレンズだ。ハリー・キャラハンが愛したのも判るような気がする。都会の風景を切り取るのに適したパースペクティブだと云われる21ミリなんて、今ではどうってこともない焦点距離だし、F4,5の開放値に至っては暗すぎる以外の何ものでもないけれど、これが50年も前に設計されたレンズなのかと疑いたくなるほどの色乗りの良さとクールなシャープネスを見ると、この半世紀の技術進歩は明るさを2,5倍にしただけなのかと云いたくもなる。いやもちろん、それはそれですごいことなんだろうけど。
d0044379_5363769.jpg

町なかではないルート357沿いで Contax II + Biogon4,5/21 SENSIA II
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-18 05:39 | Biogon4,5/21

表現としての写真および良いレンズ

 現代のレンズはとかく優秀で、もはやメーカーや設計者による差異はほとんどないと云ってもよい。あるのはコーティングの方法とか硝材の選択とか絞り羽の枚数といった、云ってみれば金をかければどうとでもなるような違いであって、どのメーカーも最高級のばか高いレンズともなれば、これといって性格の差も出ない、要はどんぐりの背比べだ。

 そうなると当然と云うべきか、同じ被写体を同じフィルムで撮れば、どれもこれも同じような絵が出来上がることは自明の理であり、ここに当代写真芸術の有つひとつの問題点が浮かび上がる。すなわち主題第一主義だ。いかなるモチーフを選択するか、極言すれば先に撮ったもの勝ちなのである。あるモチーフを誰よりも先に撮る、誰も撮っていないモチーフを撮る、それが写真芸術家を評価する基準なのだ。絵画では同じモチーフを様々な画家が描き、それぞれが固有の評価を受け得るが、今の写真芸術とやらにそれはあり得ない。すでに撮られたモチーフを撮った者には、二番煎じの烙印が押されるのみだ。それも仕方あるまい。今時のレンズでは誰が撮ったって同じように写るのだから。何が写っているのかだけが取沙汰され、どう写っているか──どう、と云うのは構成とか光の加減とかいったものではない──は無視される。

 現代のレンズはミニアチュールを描くようなものだ。正に写実的であり、優れた工房(アトリエ)で制作されたミニアチュール同様、誰が描いたかはもはや関係ない。ただモチーフだけがある2つの絵の違いなのであり、そこにアングルとゴヤとピカソとのような違いは存在しないのだ。いったい、かくも中途半端な写真芸術とやらは、果たして芸術の埒内にあるものなのだろうか。

 芸術とは表現の技術であり、それによって生み出された美そのものである。写真芸術がモチーフに縛られている限り、芸術はモチーフに在って写真は単なる記録媒体に過ぎない。しかし写真はモチーフを表現するものではない、センセイション──セザンヌの云う意味での──を表わすものだ。センセイション、すなわち存在のある一瞬をかけがえのないもの、不滅のものとして定着し、再現するのが写真芸術の使命であり本質なのではなかろうか。とかく誤解を受けがちなカルティエ=ブレソンの出世作「決定的瞬間」の原題は「Image a la Sauvette(逃げ去るイメージ)」なのだ。

 写真レンズはとにかく解像力、特にシャープネスとハイコントラストを目指して発展してきた歴史を背負ってはいるが、目の前の光景をあるがままに──時としてそれ以上に──切り取るだけが写真の在り方ではない。その光景から受け取った──あるいは受け取るであろう感興をも再現できなければならない。良いレンズ悪いレンズなどと云う人やら雑誌やらが存在するが、チャート撮影やら比較撮影やらをもとにしただけでなにが判るというのか。現代の基準からすれば決して優秀とも高性能とも云えないレンズには、そのレンズならではの描写がある。それを味と云うのではない。フェルメールにはフェルメールの、ゴッホにはゴッホのタッチがある。レンズの描写の差とはそう云うものなのであり、決して優劣の差ではない。そのレンズの描写傾向(タッチ)を活かすことに意味があるのだ。とにかくきっちりかっちり写ること、そんなことは報道写真と広告写真に任せておけば良い。

 そもそも良いレンズとはなんなのか。職業写真家にとってではなく、われわれアマチュアフォトグラファにとっての良いレンズとは? わたくしの友人はかつて云った、良いレンズだから良い絵が撮れるのではなく、良い絵が撮れたから良いレンズなのだ、と。その通りだ。万人にとって良いレンズなどあろうはずもない。あなたが良い写真が撮れたと感じたとき、そのレンズはあなたにとって良いレンズとなるのであり、雑誌や他人が何と云おうとも、その評価に間違いはない。
d0044379_672032.jpg

Contax II + Sonnar 2/85
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-17 06:11 | Sonnar2/85

Biogon2,8/3,5cm

d0044379_047185.jpg

いわゆるビオゴンタイプではない、初代ビオゴン。
写真は2003年秋。今にも雨が降りそうな夕刻の波止場。
初めて自家プリントした3枚のうちの1枚。

題名。そんなものはありゃしません。付けろと云われても困る。だいたい題名は言葉であって、それ自体がひとつの媒体。写真と云うそれ自体完成された別の媒体にそんな余計なものをくっつけて、いったいなんになると云うのか。世の中に表題主義者はごまんといるが、彼らは影像の力を信用していないか、言葉の力を軽視している。あなたは表題を読みたいのですか、写真を見たいのですか。両方? そりゃぜいたくな。
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-14 00:52 | Biogon2,8/35

PLEIN SUMMARES

d0044379_6513189.jpg

 ズマールが欲しい欲しいと思っていたら、なんだかいっぱい増えちゃった。──あ、三十一文字だ(字余り)。

 そんなことはどうでもいいとして、このライツの大口径レンズはフロントエレメントの硝材が柔らかく、拭き傷がつきやすいことで有名である。70年代頃から囁き続けられてあたかも伝説のようになってしまった、ズマールはダメ玉、とゆう評価はほとんどこの拭き傷に由来する。とはいえ、どんなに優れたレンズだって、前玉が傷だらけではまともな絵が撮れようはずもない。そもそもライツとベレクがツァイスのゾナーに対抗して1933年に投入し、10年余りで12万本を売ったのだ。素性がダメ玉でここまでの販売実績を残せるものか。

 ズマールは35ミリ判小型カメラのレンズとしてほぼ初めて、ダブルガウス型の構成を採ったレンズである。ダブルガウス型の利点は、コマ収差を除く他の収差を比較的容易に補正できる点にある。コマチックフレアの問題は対称性を大きく崩すことと空気レンズの導入によって解決に向かい、またバックフォーカスを長くとることができたため、戦後、ほとんどのカメラの標準レンズの座を席捲した。より優れた収差補正を要求される引伸し用レンズも、そのほとんどがこのダブルガウス型を採用している。けれどもズマールを筆頭とする初期のダブルガウス型の弱点は、コマ収差と並んで空気境界面の多いことにもあった。

 反射防止コーティングを施されていないレンズと空気との境界面は、1面につき通常5%の光量ロスをもたらす。一般的なダブルガウス型のように4群6枚の構成ともなれば、界面数は8面、およそ34%の光が正しくフィルム面に届かないことになる。ズマールの場合、開放F2と云っても実質F2,8に近くなるわけだ。さらに正しく到達しない光のうち幾らかは反射を繰り返し、企図されない光路を通ってフィルム面に至るため、好ましからざるフレアの原因になる。

 これらの悪影響はコーティングすることによって劇的に防止されるが、コーティング技術が一般的になるのは戦後になってからだ。もちろんズマールはその恩恵を受けていなかった。このためもともとのコマチックフレアと相俟って、絞り開放での描写はとんでもなく甘く、コントラストが低いものとなる。それでもF4ほどに絞ればある程度改善されて適度なコントラストの低さが却って繊細さを際立たせるようになってくるし、なにより拭き傷がないか極めて少ない、状態の良好なズマールはなかなかに美しい描写をする。これでコーティングが施されていれば少なくとも作画の上では文句はなかろう。常々わたくしが主張するように、写真はシャープでハイコントラストであればいいってものではないのだから。
d0044379_6524358.jpg

[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-13 06:53 | Summar2/50

変な恰好とおやぢ

ものすごく久しぶりに再会した学生時代の友人と、気がつけば6時間もくだを巻きあっていた火曜日でした。たばこも1箱半いってるし。

その日、わたくしはちょっとあまりそこらにはいなさそうなかっこで行ったのです。わたくしもとより色彩感覚同様に服装もからきしセンスないのでして、どーせオタクだからかまやしねえやい、と半ば開き直っていたのですが、変なかっこはいけるかもしらん、と勘違いしていました。いや、別に本人は変だと思ってないわけですよ。ただ、最終的な取り合わせを端から見るとヘンらしいんですがね。そりゃあ、高校時代は夏でも詰め襟着てました。ズボンはベルトじゃなくてサスペンダーでした。その頃、つまり昭和が終わる頃から扇子使ってました。なにかヘンですか?

帽子を被るようになったのは大学からで、それでもキャップ、つまり野球帽は大嫌いだったので、ハンチング──鳥打ち帽が唯一の帽子でした。バイトはスーツに必ず中折れ帽を被ってゆきました。どこかヘンですか?

ええ、こうなったら洒落たスカーフとボウタイ、探しにゆきますともさ。マントもね(雪崩る

  *

え、それで、なにを6時間も話してたのかとゆうと、なにもここでご披露に及ぶようなもんじゃない。ただちょいと、おやぢ(ナットイコールファーザー)の話を思い出したように繰り返ししてただけだ。おやぢの話は、なんでこう盛り上がるのかちょっとわからないのだけれども、ひょっとすると今、巷間ひそやかにオヤジブームなのは、80年代アニメまんが世代──すなわちオタク第1世代が歳を食って、歳相応の渋さに気付き始めたからじゃないのだろうか。今まで実年齢が伴わなくてろくな観察対象もいなかったのが、ようやくオヤジ世代の物ごとが見えるようになってきたからではなかろうか。この辺り誰かひとつ論考していただきたい。あ、いや、でも大塚だけはやるな。

うん、しかし、前にも友人と電話で話したように、オヤジ萌えはあっても、オバサン萌えゆうのがないのはなんでだろうか。そもそも、かっこいいオバサン、とゆう言葉がすでに自家撞着しているのかもしれない。つまり、オバサンはすべからくかっこわるい、とゆうことか。かっこいいおばあちゃん、はあり得ると思うのだが、いいのかそれで。バンコクじゃないよ万国の腐女子諸姉よ、奮起せよ。
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-11 06:00 | (N/A)

BARの失態

ひとつ前のGPのことだけど、云いたいことがあるので書いておく。

先のサンマリノGPは久しぶりに手に汗握る(陳腐だが)つうか胃が痛くなるレースだった。やはり皇帝は追われるより追うほうがすばらしい走りをしてくれる。トヨタとレッドブルがずるずる落ちていったのが気になったけれど、BARが調子を取り戻してきたのが嬉しい限りだ。もっともそのBARにレギュレーション違反が発覚してしまったのはこのGP唯一の汚点である。

そもそもBARには特に故意はなかっただろう。コレクタータンク内の燃料を車体の一部と見なしていたのだから、それを残したままで燃料を空にしたと主張したのは間違っていないし、コレクタータンク内の燃料を走行距離に転換(つまり消費)できない以上、レース中のいかなる時点においても車重が600kgを下回っていなかったのも事実だ。これらはもちろんコレクタータンク内の燃料をいわゆる燃料としてではなく、車体構成物の一部と見なすBARの見解において間違っていないということだ。だが裁定はそれ(コレクタータンク内の燃料)を車体の一部ではなく、いわゆる燃料と見なすことを正式なレギュレーション解釈として認定した。結果BARは最低重量規定違反の罪に問われてレース結果の剥奪と2戦出場停止を云い渡された。

巷ではホンダあるいは非ヨーロッパ系企業に対する嫌がらせとか政治的な悪意とか騒いでいるけれど、もしそんなものがあったとすれば、それは処分が通例の1戦出場停止ではなく、2戦に及んだことにであって、そもそもの違反摘発行為にはない。あちこちのウェブを見ていると、そんなことも理解できないバカが相変わらず多いのはほんとどうにかならんものか。被害妄想と云うかホンダ気違いと云うか、レギュレーションを設定したFIAばかりが槍玉に挙がっていて、ことの本質を見ていない。違反は故意ではなかったろうが、故意であろうがなかろうが違反は違反だ。きっちり処罰を受けるべきであり、だからこそBARの法務は民事訴訟を断念したのだ。もしこれがトヨタだったらFIAではなくトヨタが叩かれまくってるんだろうな。

あと上位入賞車(あるいはBAR)だけ事細かに車検されて、ほかのくるまもチェックしたら同じような違反が見つかるんじゃないのか、なぜBARだけでほかはやらないんだ、とゆう非難もあったが、それって駐車違反切符を切られたドライバーが、ほかのやつも駐車してるじゃん、あいつらも摘発しろよ、と云い張るのに似ている。ほかの人間が何をしてたかなんて関係ねえんだ。今ここで違反が発覚したてめえの行為が問題になってるんだ。それくらいも判らんのか。見つからなきゃいい、とゆうのは語弊があるが、見つかった以上は神妙にしやがれ、つうのが法規の正しい運用法なのだ。判ったか、ぼけ。
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-09 23:22 | (N/A)

のっこみなのですが

例によって天気予報は嘘つきだ。晴れのはずだったのに見渡す限りの曇天、あまつさえ雨まで降ってきた。当たったのは風が強いとゆうことくらいである。

先週に引き続き佐原方面へフナ釣りに出た。のっこみの季節だというに渋いアタリしか出ていないのだ。もう千葉ではろくなフナ釣りできるところはないのだろうかとも思えてくる。

午前中大戸川を探ってみる。ここは川幅5メートル、葦や水草が生い茂っており、釣りの背景としてはまことに良い。同行者が水草の合間でたて続けにいい型のフナを2枚揚げるが、こちらはてんで音沙汰なし。下流へ移動しながら深場を探るもボソの挨拶すらない。1時間後、ちょっと開けて流れがそこそこあるエリアを探っていたところ、ようやくボソの手応えがあったので腰を据える。しばらく流していると、コブナが2匹ぽんぽんと釣れた。だいたい読みは間違っていなかったわけだが、その先がいけない。ボソアタックのオンパレードで、結局2時間粘って2人で6匹とはあまり気分の良いものではない。ほかには腹ボテなボソが3匹揚がっただけだった。近所のおやじさんの話では、最近はヘラとコイばかりあがるそうだ。別のおばちゃんには今日は水面が静かだから活性低いんじゃないのかとも云われた。

午后になって河岸を変え、先週も行った附洲新田の機場脇のホソを探ってみるが、今回もアタリなし。ボソすらいない。

次の市和田の縦水路は、ちょうど雨水の排出で水嵩が30サンチも減っていた上に、水勢が強くここは見送り。

最後にL字水路へ戻ってフナ2と小ゴイ1を揚げ、溜飲を下げる。イチジクの枝が覆い被さった一角の脇を狙うとまずなにかしら釣れる。それでも今日は揚がるまで15分ほどかかったから、活性が低いのは事実かもしれない。ただし、ものの本によるとこの水路は初心者向けだそうだ。なんともな為体である。

今日は気温も低く、風も強かったためか、ほかにフナ釣りをしている人は見かけなった。もっとも、バサーとヘラ師は相変わらず元気だ。横利根ではヘラ師が雁首連ねて釣り糸を垂れていた。貸しボート屋が営業してるからには確かに釣れることは釣れるのだろうが、あの光景を見るに要はパチンコとおんなじだ。ただじっと座ってアタリが来るのを待つだけで、どこかのシマは当たるがあとは軒並みリーチも来ない。ヘラ釣りだけはじじいになってもやりたくないといつも思う。
[PR]
# by y_takanasi | 2005-05-08 18:02 | (N/A)