タグ:カメラ(ハコ) ( 80 ) タグの人気記事

「フィルム」の自由

 わたくしはデジカメに愛を注げない前世紀の生き物である。理由は幾らでも付けられる。カメラが精密機械から家電になってしまった、と云うのはその最も手軽な理由だが、今、「手軽」と書いたように、それは本質的な原因ではない。最大の原因はもちろん経済的な部分にある。だが、単にカメラが高いと云うのは皮相的な見方だろう。経済的な問題は、つまり暗箱と感材が分離できないところに起因する。そう、かつてのフィルムカメラでは、このふたつが分離することで極めて効率的、経済的な機材の代謝をはかることができた。どんな廉価機でもフラグシップでも、この分離は完全だった。しかしデジカメでは、暗箱と感材は一体である。

 デジタルカメラでは暗箱、もしくは感材どちらか一方だけを更新、あるいは変更することができない。これはすこぶる非効率的である(中判高級機にはそれが可能なものもあるが、普及機でもそうすべきなのだ)。従ってどんなにボディ(暗箱)に愛着があっても、感材(画像エンジン)が陳腐化してしまえば、暗箱ごと替えなければならない。あまりないことだろうが、その逆も然り。これを非効率と云わずに何と云おうか。

 デジカメは云ってみれば、ボディにフィルム数百本がセットでついてくる抱き合わせ商材である。しかも途中でボディを替えたかったら、余っているフィルムは流用できずに、またフィルム数百本セットのボディを買わなければならない。余りのフィルムはすぐに時代遅れとなり、一方古いボディで最新の「フィルム」を使うことはできないのだ。

 もちろん、それどころか他社の「フィルム」を使うことだってできやしない。レンズについてのみ、他のフィルムを使う唯一の方法は、マウントアダプタを介して他社のボディに装着することである。このミラーレスデジタルカメラ全盛期にあって、アダプタ道楽がフィルム時代以上に猖獗を極めたのには、かくも明快な理由があったのである。
d0044379_2391471.jpg

Contax II + Sonnar 2/8,5cm T. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2014-04-13 23:10 | Sonnar2/85

くろこん

d0044379_23234799.jpg

特に意味はない。

d0044379_23235913.jpg

Contax II + Biometar 2,8/35 T. ILFORD XP2 super
[PR]
by y_takanasi | 2013-05-29 23:25 | Biometar2,8/35

そしてぼくは

 カメラに対する物慾がすっかり減退したので、使っていない機材を処分したいと最近とみに思う。とは云っても、何しろマニアックな蒐集を続けて来たものだから、どれもこれも二束三文のがらくた許りだ。タダで呉れてやると云ったところで、引き取って貰えそうな代物も殆どない。もはや場所塞ぎでしかないこいつらを一体どうしてくれようかと、納戸の中を睨みつけては途方に暮れる日々を過ごしている。
d0044379_18503788.jpg

Leica M3 + HEXAR 2/35. Kodak GOLD 400
[PR]
by y_takanasi | 2011-05-13 18:51 | HEXAR2/35

もう消耗品でいい

 造形が突然気になったのか、オリンパスEP1が急に欲しくなって、市価を検索したら萎えた(笑い)。いくらカタチが良くっても、家電カメラに10万も出す茶目っ気は持ち合わせていない。とは云っても、そろそろ新しいデジカメが欲しいのは確かだ。勿論わたくしの用途としちゃケータイカメラで十分なのだが、生憎とわたくしはまかーである。まず直結してデータを吸い出す周辺機器が数少ないし、都度メモリーカードを取り出してリーダで読むのもかったるい。おまけにMacでマウントすると、ファインダ情報ファイルやらリソースフォークやらが生成されて、これがケータイやWin系アプリで悪さをすることがある。この削除にも手間がかかるのでほとほとイヤになった次第だ。コンデジでいいや、なんかテキトーな型落ちを、物色してみるですかね。
d0044379_20464624.jpg

BESSA R2C + Orthometar4,5/3,5cm. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2010-03-01 20:48 | Orthometar4,5/35

赤い星の下で

 ソビエトオリジナルなカメラがウチにはまるでない、と以前書いた。その状況は今も変わっていない。そう、このスメナ8くらいだ。その一方で、正しくコピーと呼べるカメラもフェドしか持っていない。まぁ、フェド・ミクロンもコニカアイのコピーみたいなものと云えばコピーみたいなものではあるが。よく論われるキエフはコンタックスの再生設備をルール(敗戦処理のルールだが)に基づいて移設、生産されたものだし、サリュートに至ってはハッセルブラード社から技術供与を受けているから、これらをコピーと呼ぶのは正しくない。勿論、広義ではコピーの範疇だろうが、そこに一般的な悪い意味はないのだ。それにしてもソビエトオリジナルで優れた──あるいは面白いカメラと云うのは、レニングラードを除くと大してないのが現実であろう。あとは、そう、僅かにキエフ10シリーズくらいなものだ。ソビエトのカメラ設計技術が低かった訳ではない。コメータやロディーナの例を見てもそれは首肯できる。そしてこれらの例が示す通り、ソビエトの社会体制がそれらを必要としなかった丈なのだ。
d0044379_2025106.jpg

SMENA8. FUJIFILM SP400.
[PR]
by y_takanasi | 2009-12-09 20:27 | Smena8

出番なし

 ウチには135フィルムを使うライカ判ではないカメラが何台か転がっている。所謂ハーフサイズカメラと、ロボット判と呼ばれるスクエアフォーマットのカメラだ。これらのいずれもここ数年と云うもの持ち出したことがない。市場価格もたかが知れているから、一種の不良債権だ。チャイカやフェドミクロンは手に入れた当時面白がってよく撮っていたものの、DPE店が段々と嫌な顔をするので億劫になってしまった。テナックスはと云えばもっと面倒くさがられるので、実質1本ずつしか通していない。こんな時こそ自家現像するべきだと思うのだが、ウチには吊るしておける場所がないのだ。いや実際、トイレ以外はしまの天下だから、間違いなく格好の標的となるであろう。
d0044379_20047100.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-08 20:01 | Sonnar1,5/50

よくぼうのはて

欲しいカメラがほぼなくなりました。なんとゆうか、大変有り難いことなんですが、物慾がなくなるのは人としてダメなんじゃないかとも思います。やっぱりね、慾望があってこそ、人間は進歩するんだ。
d0044379_1911238.jpg

Retina Ia (U.S.Ektar3,5/50). NEOPAN 400 PRESTO
[PR]
by y_takanasi | 2009-08-14 19:12 | Retina Ia (Ektar)

いちがんれふ

 わたくし普段は余りSLRを使わないのだけれど、家捜ししてみると結構、持ってたことにオドロく。まずはContarex superとPentacon super。これらはもうお気に入りだから、この世からフィルムがなくなっても保持し続けるだろう。Zenit12SとPrakticaVLC。もう何年も使ってない。M42は先のPSがあれば事足りるから、なんとなく持っているようなものかも知れない。エキザクタマウント機も3台ある。Exa、Exa500、ExaktaRTL1000だ。本流がないと云う偏屈ぶりである。そして残りは国産機が4台、NikonF2、CanonAE1、Topcon SuperD、PetriV6。まったく基準が判らない取り合わせだ。どれも純正レンズを持ってはいるものの、ニコンもキヤノンも別メーカーのレンズを装着することが多い。レンズはそれが本来あるべきボディと組み合わせるのが信条のわたくしとしては、内心忸怩たるものがあるのだけれど。
d0044379_2235768.jpg

Petri PENTA V6 + Petri 2,8/35. Kodak MAX 400
[PR]
by y_takanasi | 2009-05-31 22:35 | Petri2,8/35

持ち腐れ不貞腐れ

 中判カメラが6台ほどあります。セミが1台、6x6が2台、6x9が3台。ウチの引伸し機は6x7までしか焼けないので、6x9はポジでしか使いません。とは云っても2台は戦前のノンコート玉で、コーティングされているのはBox Tengor IIのFrontarと来たもんだから、ほとんど出番はないんですな。一番コンパクトなのはスーパーイコンタ561で、ウチに来て1年経つのにまだ1本しか撮ってない。サリュートSは4回、フレクサレットは3回と、いずれにしても数えられるほどしか使ってないのが、勿体ないと云えば勿体ないのかしらん。
d0044379_20205214.jpg

Flexaret Va (Belar 3,5/80). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-05-29 20:21 | Flexaret Va

わたくしだって

 間違いを書く。例えば最近何度か掲載しているフレクサレット、これはVではなくVaだった。大した違いはないのだが、135フィルムを使う時、巻き戻しができるようになったのがVaだ。ちなみに当時の120はフィルムと裏紙の厚さが今と違うのか、スタートマークで合わせると1コマ目が切れてしまう。今日の絵はその1コマ目。御大である。
d0044379_20214319.jpg

Flexaret Va (Belar 3,5/80). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-05-13 20:22 | Flexaret Va