タグ:写真の話 ( 61 ) タグの人気記事

「現代アート」と云う病

 凡そ「現代アート」を自称する作家とその作品にアートの片鱗でも見えた試しがない、と云うのがこの世界の理でもある。

 いま現在、「現代(コンテンポラリ)」を付けない「アート」もその誕生した時点では言葉の本来の意味で「現代アート」であったが、彼ら芸術家は何も「現代アート」を作ろうとしていた訳ではなく、ただその時の自己の表現として、あるいはパトロンに指示される内に、各々の作品をカタチ作ってきた。それは当時として古典的であろうが前衛的であろうが、常にただの「アート」であった筈だ。アートに新旧も高低もない。

 しかるに何ゆえ昨今の自称現代アート作家は、自らの生み出すモノを「アート」とは呼ばずにわざわざ「現代アート」と区別したがるのか。既存の「アート」の枠に嵌らない意気込みだけではあるまい。それだけなら「アート」と自称してなんら問題はない。コンテンポラリだろうがなんだろうがアートはアートだ。むしろそれ以外の理由があるのではないか。即ち彼ら自身、彼らの作るモノが「アート」ではないと気付いているからなのだ。「アート」と呼ぶ自信がないのである。自信がないから「現代アート」と称して理論武装し大衆を煙に巻き、芸術を科学か宗教かのように語ろうとする。だがそれは「アート」なのか? わたくしが写真論で何度も語ってきたように、「理解しなければならない」モノはもはやアートではない。ギリシアの、いやタッシリの昔から、アートは感じるものだ。芸術は判る、判らないの世界ではなく、感じるか感じられないかのいずれでしか表せない領域にある。これは畢竟、万人に受容されるアートは存在しない、とも換言できよう。だからあなたがある作品になんらの感興も湧かなかったからと云って、あなたの感性に劣等感を抱くことはない。ことはただ単に、その作品はあなたの心に響かなかったと云うだけのことなのだ。そんな時、無価値だと云えるのは、作品に共感できないあなたではなく、あなたを揺さぶることのできない作品のほうである。

 今もし、自称「現代アート」作品にカネを出して手に入れようとしている人がいたら、もう一度良く考えてみて欲しい。あなたはその作品に何か感じるところがあって手を出すのか? もしそうではなく、投資目的なら止めておくが良い。なぜなら「現代アート」が「アート」として認知されるのは大体において作者の没後かそれより何十年も経ってからのことであって、その時にはもしかしたら高騰しているかもしれないが、恐らくあなたはこの世にいない。あるいは投機目当てではなく、当該の現代アーティストを早くから評価した人物として美術史上に名を残したいと思っていたとしても、やはり止めておくがいい。なぜならその手のアーティストには既に彼らを売り込もうとするパトロンや批評家連中が付いており、万が一そのアーティストが後世評価されたとしても、彼を見出した栄誉はそのパトロンたちに与えられるからであって、あなたに割り込む余地は微塵もない。

 だからもう一度、よく考えてみて欲しい。本当にその「現代アート」作品にあなたの琴線に触れるモノを感じたのだとしたら、もうこの先を読む必要はない。あなたの感性を断乎信じるべきだ。だがそうではないのだとしたら、手にしかけたゴミくずをゴミ箱に戻し、財布の紐を締め直して、ギャラリーを立ち去るのが最善の手だ。

 アートは大衆のものである。それは、貴族や目の肥えた好事家のものではない、と云う意味ではない。小難しい理論も多くの知識も必要としない、と云う意味である。感じるか否かに理論は要らない。ただ目を見開き、耳を澄ますだけだ。
d0044379_20211622.jpg

Contarex super + Planar 1,4/55. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2012-02-23 20:23 | Planar1,4/55

記念写真

 わたくしは写真を表現作品と見ているけれども、だからと云って記念写真の価値を否定するものでもない。だいいち記念写真──または記録と作品との間に、なんらの優劣関係もありはしない。世の作品主義者にはここに拘泥して憚らない徒輩があるが、とんだ自意識過剰、もしくは自己欺瞞である。抑もすべての表現方法はコミュニケーションと記録への慾望から生まれたのであって、その狭義の目的が事物の記録から離れて行ったとしても、表現者が自己のなにがしかをそこに刻印しようとする限り──いやそれこそが表現の表現たる所以であるが──作品は常にひとつの記録であり、写真作品は畢竟記念写真なのである。だが、今はそこまで穿つ必要もあるまい。世間一般に記念写真と呼ばれるもののことだ。

 どのような記念写真であろうと、そしてそれがいかに鑑賞者個人にとっては無関係な事物を切り取ったものであろうと、美しいものは美しく、いかに決まりきった構図であろうとも、あるいはその反対にとことん非常識な作図であったとしても、それらはその絵の有つ表現としての美しさを聊かも損なうものではない。当然だ。美とは評価項目の如く細分化された部分の合計から生み出されるものではなく、その全体から新たに導き出される単一の感興なのだから。あらゆる表現の美に差異があるとすれば、それは優劣の差ではなく、大小の違いだけである。それは恰も無限に大小の差があるのと同じようなものなのだ。すべての無限が無限であると云う点に於いて同一性を持つのと同様、すべての美は美しいということに於いて等価なのである。そして美が表現から生まれるものである以上、同じ表現としての記念写真と作品写真各々から生まれいずる美に何の径庭があろうか。それを感ずる人々の多寡はあろうとも、それのみがかかる写真一葉の価値を決定するものではない。万人に感興を惹起させる美はこの世になく、かるが故に個々の美はひとつひとつ言及するに値する。
d0044379_20363545.jpg

Contax II + Sonnar1,5/5cm. ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2011-04-23 20:38 | Sonnar1,5/50

いまごろあけましておめでとうとか

 わたくしはひと(とねこ)を撮るのがすきだった。いや過去形ではなく、現在もなお、すきである。しかし乍らどうしたことかポートレイトは苦手である。これは現在形で正しい。恐らくこの先もずっと苦手であろう。ねこはともかく、ひとを撮るときはまず大概がスナップである。自然体を求めると云えば聞こえはいいが、つまるところ、被写体と正面から向き合うのが不得手なのであり、撮るもの撮られるものの1対1の関係に身を置くことを嫌うのである。もしかすると、ひとを撮るのがすきとは云い乍ら、ひとを点景としてしか見ていないのかもしれない。すなわち主体はひとではなく、世界なのだ。情景の中にひとがあり、ひとの周囲に世界がある。背景は被写体(とこの際簡略化してしまおう)を引き立てる脇役ではなく、それ自身も主役なのである。

 ところで昔昔のそのまた昔、遠足や課外授業の写真を学校で買う時(いまはそういう風習もないのだろうか)、わたくしはいつも人の写っていない絵ばかり選んでいた。自分自身が写ってる絵すらも避けていたような気がする。
d0044379_2234947.jpg

Contax II + Sonnar1,5/5cm. ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2011-01-22 22:35 | Sonnar1,5/50

すべての幻想が真実だ

バランスの執行者(天秤座)として時勢の主流に対置する方へと意見を変える、なんてことをずっと昔に書いたが、殊写真に関しては例外的に揺らぐことがほとんどない。いやこれは写真に限ったことではなく、それが表現領域である限り、わたくしの立場は20年前から表現至上主義である。それは意味内容を評価の基準としない、形式主義的なものでもあり、技巧主義的なものでもある。被写体も、テーマも、物語も、ただ表現に従するのみに於いて存在価値を有つ。そうして勿論、表現を第一とする以上、同時に作品至上主義であって、作品が我々に語りかける、即ち鑑賞者個々人が作品から再構成するもの以上のことも以下のことも、一切これを考慮しない。それゆえ作者の意図などと云うものは存在し得ないし、それに類するものがあるとすれば、それは受け手によって生成された相対的な「作者の意図」でしかないのだ。それが実際の作者の意図と合致するかどうかは全くの問題ではない。そんなまやかしは完成された作品にはもはや無関係だからだ。表現作品はクイズでも謎掛けでも受験問題でもない。鑑賞者の数だけ作者の意図が存在し、正しいか間違っているかで云えば、そのすべてが正しいのである。
d0044379_2172554.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm. ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2010-12-21 21:09 | Sonnar1,5/50

地に足がついてない

 プリントを整理していたら、同じ絵を調子を変えて焼いたものが何枚も出てきた。仕上げのイメージが掴めなかったコマだと思うのだが、今見てもどの調子にすればいいのか今ひとつ判らない。撮った時の感興を想起すれば良かろうとも思うけれど、何しろ何年も昔の絵だ。その時の感興なんか思い出せる筈もなく、湧いてくるのは今正にその絵を見た時の感興のみである。こうなるともう、正しい調子なんてあろう訳もなく、どれがより好みか、と云うだけのことだ。しかしわたくしの目はそれほど肥えている訳でもないから、夫々の調子に夫々の感興を惹起されて、あれもいいこれも良いと右往左往する。もとより、撮影時に仕上げまで想定していないのだからこーゆうことになる。途は遠く、険しい。
d0044379_2049215.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-12-24 20:50 | VEGA-12V

焼いた焼いた

 さて今回焼いたのは、Saljut-SにVEGA-12V(2,8/90)をつけて撮ったブローニー1本であり、つまり6x6だ。6x6もセミもキャリアは持っていたが、実は焼いたのは初めてである。機材を用意してから5年も経って、漸く実戦と相成った。引き伸ばしレンズはロダゴン2,8/80、印画紙はいつものイルフォードMGW 1K。1年も経っているので、最初からやり直しみたいなもんだ。素抜けのネガから露光時間を割り出して、コマの濃度から号数を選ぶ。つっても号数は1から2,5の間でやりくりする趣味なので、収まらない場合は露光時間を弄ってしまう。最後は理論よりも目の好みを優先するのが基本であろう。

 展示会には別の2コマと、ポートフォリオ用に築地ネタ(こっちは135判)を選んだ。個人的にはポートフォリオの方がメインだったりする。招待券が必要なヒトは連絡乞う。なくても入れるけど、入場料あるみたい。
d0044379_18522020.jpg

Saljut-S + VEGA-12V(2,8/90). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-10-24 18:53 | VEGA-12V

今度はiPhoneの番か

 ロモグラフの病的流行から十数年が経って、漸くアートに近づいたような気がする。つまりアレを意識的なコントロールのもとに生み出すことができるようになった──そう云う使い手が一定数現れた、と云うことだ。前にも書いたが、アートとは表現なのだから、表現者の完全なコントロール下に生み出されなければ、それは単なる失敗である。ジャンルこそ違えどオートグラフでさえも、表現者の制御下に生まれたものであって(この場合半無意識の状態だが、他の何ものも関与しないと云う点で表現者の完璧な制御下にある)、機械、即ちペンが勝手に生み出したものではない。ところがロモグラフの「初心者」は機械──カメラやレンズが勝手にアートを造り出してくれるものと勘違いする。勿論、表現者の関与しない領域で何が生まれようとも、それは「表現作品」ではない。批評家の中にすらそんな勘違いをする連中がいるが、それは貧相な芸術経験しか有たなかったことの証左でもあるし、何より人間活動としてのアートとは何であるか、その根本的考察力の欠如を露呈しているだけのことだ。カメラも、絵筆も、PCすらも、アートの道具にすぎない。道具とは、その効果を知悉した者が操ってこそ、十全の結果を生み出す代物だ。その道具ひとつ満足に扱えない低能が、コンテンポラリーアート界を蹂躙しているのが、今の世の中である。
d0044379_20241846.jpg

Contax I + Sonnar1,5/5cm(late). ILFORD DELTA 100
[PR]
by y_takanasi | 2009-09-03 20:26 | Sonnar1,5/50

トライXで万全

 当時写真をやってなかったくせに、鳥坂先輩の迷言がアタマの隅にこびりついていたのか、モノクロはTXが常用フィルムになっている。でもこれを4号5号で焼く境地にまでは至っていない。そしてどちらかと云うと、たわばさんの迷言の方がオーソドクスに偏っていて取っ付きやすい。ピーカン不許可、逆光は勝利、世はなべて3分の1。

 ところで鳥坂先輩の迷言で一番ココロに残っているのはこちら、至言である。
「人間、負けたら負けだ。」
d0044379_19541448.jpg

Kiev5 + HELIOS-94. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-08-12 19:55 | HELIOS-94

でも焼いてない

 わたくしのプリントの好みは、低コントラストで、軟調で、曖昧で、フラットな、一般的にねむいと云われる絵である。ハイライトもシャドウも立たない、全体にグレー一色で塗りつぶされたような、ぼんよりとした階調の中に世界を構築する。そのくせTXなんか使うから、これが結構、めんどくさいことになる。おまけに大抵1段ほど露出オーバー、自ら窮地に追い込んでいるようなものだ。しかし体がもうこのパターンで固まってしまっているので、却って柔らかいフィルムを使うと勘が狂う。ネオパンSSなんて、ぐだぐだになっちまいますよ。

 こうしてでき上がった絵を見ると、やはり性格が出るものだとつくづく思う。つまりやり方も出来上がりも大雑把なのである。大体試し焼きなんてのは最初の1コマくらいで、あとはネガの濃度分布を見て文字通りテキトーに計時する。見る人が見たらひっくり返るくらいのアバウトさだろう。でも、そこ(ネガ)に在る情報のすべてを抽出するのがプリントではあるまい。作品として期待する結果を出せたか、あるいは超えられたかが大事なのであって、全情報を顕現させることに拘泥して、全体を見ることを忘れては本末転倒と云うものだ。況して写真は写実ではなく、現実の再現でもない。常々書いているように、それはセンセイションの再構成である。少なくとも、事象の記録を目的としない現代のモノクロ写真においては、プリント者のバイアスこそが意味を持つのだ。
d0044379_20331512.jpg

Super Ikonta 531 (Tessar3,5/7cm). Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2009-08-06 20:35 | SuperIkonta531

果てなき逃避行

 今時の絵描きさんの絵を見ると、みんな着彩が上手だとほとほと感心する。その大半はデジタル処理なのだが、デジだろうがアナログだろうが色彩センスがなければトチ狂った画面ができ上がるのだから、手段がなんであるかなど関係ない。わたくしはとにかく小さい頃から色彩感覚がデタラメだったので、なんとも羨ましい限りである。写真を撮り出してからもセンスのなさは一向に改善されないものだから、もう完全に処理回路がイカレてんだろう。カラーネガやポジを余り使わないのは、そう云うことだ。勿論逃げて許りいれば益々向上は望めない訳でもあるが、もうこの歳になると諦めたくなる。でもやっぱり悔しいので、人のカラー写真には論評を加えないようにしていたりする。悪循環ですね。
d0044379_2013569.jpg

Beseler Topcon Super D + RE,Auto-Topcor2,8/35. FUJIFILM SP400
[PR]
by y_takanasi | 2009-08-04 20:14 | RE,AutoTopcor2,8/35