タグ:雑 ( 71 ) タグの人気記事

1年ぶりですが

 インターネットの、とりわけSNSや情報発信サービスが手軽になったお陰で、無断転載者がボウフラのように涌いて来る時代になった。これは何もモラルが劣化したとか著作権意識が低下したとかいうわけではなく、今まで隠されていた(あるいは気付くことのなかった)生活意識の低さが露呈したに過ぎない。むしろこうやってあぶり出される機会が増えた結果、モラルはともかく著作権意識は少しずつとはいえ上がってきているだろう。

 彼らを擁護するつもりは毛頭ないまでも、無断転載者のいくらかはそれが悪いことだとは認識していない。それでも「ネットに落ちていた」というフレーズには許し難いものがある。インターネットは公共の空間と看做されるが、その全域がいわば公共の道路なわけではない。むしろ、現実空間に比べれば、そのほとんどがプライベートスペースである。ただたんに、そのスペースがガラス張りで外から丸見えになっているだけだ。

 だから、あなたが「ネットで拾った」と云い張るものは、他人の家に掲げられたプライベート写真を窓ガラス越しに撮影したようなものである。あなたにそれを撮影する権利はあるかもしれないが、それを自分のものとして広く利用することはできない。あなたにできるのは、それはどこどこにあったと示すことくらいだ。たとえそれが検索サービスによる結果として見つけたものであっても、元々あった場所を明示しないものは単なる無断転載である。すでに無断転載されたものだからと云って、自分の無断転載行為を正当化することはできない。盗人から盗んだとしても、それはやはり断罪されるべき犯罪なのである。
d0044379_19101893.jpg

Saljut + VEGA-12V TriX
[PR]
by y_takanasi | 2015-12-31 19:11 | VEGA-12V

卑怯もらっきょうも

 卑怯、という罵りがある。出し抜かれた、裏切られた、つまり想定外の手を打たれた時に発せられることが多い。あるいは予想はしていても、取るはずのない、もしくは取るべきでないと(勝手に)考えていた行動に出られた時だ。しかしこの言葉は、とりもなおさず罵倒する者の知恵の足りなさ、浅はかさを露呈する言葉でもある。想定していたのならなぜ対策を打たなかったのか? 予想もしていなかったのならその想像力の欠如はどこから由来した? 出し抜かれたという思いは、畢竟、己れの無能さに起因するのだ。

 注意すべきは、ルール破りは「卑怯」ではない、ということである。それは単なる「違反」にすぎない。法の抜け道を利用する輩は「卑怯者」だが、法を犯すものはただの「犯罪者」であって、決して卑怯者ではない。裏切りもしかり、契約や誓約を破ったのなら裏切り者と呼べばいい。それは卑怯でも何でもない。ただの口約束や信義や道徳だけに立脚するのなら、そんなものを無根拠に信用する方が愚かなのであり、特に対策を講じなければ「卑怯者」の餌食となるのは必然である。

 日本が法治国家となって久しいにも拘らず、いまだこの手の「卑怯」を口走る輩が多い。彼らはサムライかなにかの心算なのだろうか。わたくしとしては正しく「卑怯者」と罵られた場合、ざまあみろとしか答えようがないのである。サムライの皆様方におかれましては、300年前にでも帰って、どうぞ。

d0044379_19261695.jpg
Topcon Super D + Primoplan1,9/58. Tri X

写真・カメラ


[PR]
by y_takanasi | 2014-12-20 19:27 | Primoplan1,9/58

評論家

 評論家と云うものは、知の営為をもって人生や事物の規範を提示する職業だと思っていたものだが、日本のそれを見ているとどうも違うらしい。とりわけ美術評論家と云うものは、自分で物事を考えるという根幹を放擲した、知識のパッチワークで大衆を煙に巻く生き物であると定義した方が良さそうな勢いである。彼らはその感性でもって作品を創り出すこともできなければ、知性でもって作品に新たな価値を与えることもできない、どうしようもないクズらしい。もとより、そのようなクズでも食べて行けるように、日本の美術界が美術評論家というポストを用意しているのだろう。立派な福祉政策ではある。あたうれば、美術評論家評論家なるメタ職業も欲しいと云っては欲張りだろうか。
d0044379_0473654.jpg

Welta Weltax (Cassar2,9/7,5cm) VELVIA 100F
[PR]
by y_takanasi | 2014-12-14 00:50 | Cassar2,9/75

拝金主義

ずうっと昔、サークルの会計マニュアルを作った時に入れた銘が「カネこそすべて」だった。思えばその頃からわたくしは絶対的拝金主義者だったのだろう。ところで拝金主義と云うと誤解する人もいるが、百円の為に人殺しをするようなことではない。カネの為なら大凡なんでもやると云うイメージがまったく間違っている訳でもないが、あらゆる事物、思想、行為を正しく換金できる能力を有するのが拝金主義者である。もし百円の為に人を殺めることができるとしたら、その人は拝金主義者の風上にも置けぬ、価値の判らぬ愚者と看做されるであろう。
d0044379_2482097.jpg

Welta Garant (Trioplan4,5/10cm). VELVIA 100F
[PR]
by y_takanasi | 2014-11-30 20:16 | Trioplan4,5/100

覚悟

 わたくしの瞥見する限り、現代日本の現代アーティストとは、彼らの気に入らぬ権威やルールにはだだをこねて抵抗したり破ったりするが、都合のいい権威とルールにはひたすらすり寄って作品や自身の箔付けに利用すると云う職業である。これほどダメ人間に適した職業もそうそうないだろう。もとより芸術家は多分に稚気を含んだダメ人間の気が強いものだし、それをもって完全に断罪するつもりもない。そう云う人間によって生み出された作品になにがしかのセンセイションに訴えるものがあれば、一人以上の支持者がいたっておかしくはない。そしてアートの良し悪しは、単に支持者の多寡で決まるものでもない。

 わたくしが日本の現代アーティストに危惧するのは、アーティストは治外法権だと勘違いしている輩が増えているという点だけである。ともすると同じように勘違いするバカが湧くのだが、表現手段において社会ルールを逸脱すること自体を全否定するのではない。もちろんだからと云って許すつもりもないが、そもそも許すかどうかはルールによるものであって、ルールを逸脱している以上、それは許されないことだろう。だがアーティストには、それを犯してまで表現する自由がある。そうしてこれは自由であって権利ではないのだから、おのれの作品によって惹き起こされた批判と、ルール上の罰則は必ず受けなければならない。それが自由の対価であるのだが、はたして世の自称現代アーティストたちにその覚悟はあるか。
d0044379_2275853.jpg

Contarex super + Sonnar 2/85. ILFORD DELTA100
[PR]
by y_takanasi | 2014-05-11 22:10 | Sonnar2/85

成人の日

 世間的に見てわたくしはもうだいぶ若くない。若くないなどと虚勢を張ってみてもダメで、はっきり年寄だ。歳の割にふらふらしている理由はいくつか思い当たる節もあるが、意識的に若年層の文化行動に目を向けているせいもあるだろう。わたくしは社会がどう発達あるいは退化しようが、活力は常に下の世代から涌いてくると考えているから、彼らの文化にはたいへん興味があるし、自分もしくはその上の世代を基準としてそのスタイルを断罪したくない。道徳についても同然である(なお、法と道徳は似て非なるもの故に、違法については世代を問わずこれを非難する)。もっとも、道徳と云うものはだいたいが上から下へ強制される理念であるから、わざわざ論う価値もないだろう。

 頃合い恰も成人式である。毎年のようにニュースになる新成人のご乱行と突飛な文化スタイルであるが、毎年のように、と前置きした通り、これは今に限った現象ではない。そう、いつの時代にもおかしな新成人は一定数存在したのであり、それは今、そのニュースを見て眉を顰めている世代にも、それをニュースに仕立て上げた世代にも存在し、彼らもまた今時の若いものはと蔑まれた世代の一員なのである。愚かなのは槍玉に挙げられた連中であって、彼らがその世代を代表している訳ではない。だが人間は別の意味で愚かであるから、かつて、俺らはあいつらと同類じゃない、と憤慨したことも忘れて、今時の若者は、としたり顔で慨嘆してみせるのだ。
d0044379_1758847.jpg

Contax II + Sonnar 1,5/5cm. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2014-01-13 17:58 | Sonnar1,5/50

記憶の伝承

この歳になってひとつ判ったのは、人間がなぜ結婚して(しなくてもいいが)子を作るのか、と云うことだ。それは己が血を残そうとする欲求ではない。それは己れの記憶を伝えたいがためなのだ。だから子供は実子でなくとも構わない。養子でも連れ子でもいい。かつて家(名)を遺すことに汲々としたのも、家が個々の記憶の集合体であったからだ。勿論、自分の記憶を残すには他の手段だってある。詩文や絵画、音楽をものしたり、あるいは科学、学問、政治や軍事に大きな足跡を残すことだ。功だけでなく罪のほうでも残すことはできる。稀にはただ犯罪だけで後代に残る人々もある。これらの手段の中で、子供を作るのが一番手っ取り早い(近頃はそうでもなくなったようだが)手段だったに過ぎない。人間が恐れるのは、自分が忘却の淵に沈むことなのだ。
d0044379_17142686.jpg

Contax II + Biometar 2,8/35 T. ILFORD XP2 super
[PR]
by y_takanasi | 2014-01-05 17:13 | Biometar2,8/35

手を使い頭を使え

 昔に比べてまったくものを考えなくなったので、せめて1週間に1日は頭を使おうと思って既に半年が過ぎた。この時点でもう色々とダメなのは判っている。ペンと同様、使わない頭はすぐに錆びるのだ。ものを考えられなくなったのは、twitterで刹那的な感想を垂れ流すことに頭が慣れてしまったからだろう。アレは基本的に咀嚼する必要のない、つるりと呑み込むソバのようなものだ。いや、呑み込むのではなく、吐き出すのだから、その喩えはおかしい。たぶん、適切な喩えさえすらっと出て来ないところに、事態の深刻さは表れている。昔からわたくしは、書くことで考えてきたから、書かなければ鈍るのも当然なのだ。そうして仕事もプライベートも、筆記具を握る機会はめっきり減った。同じことのように思えるかもしれないが、手書きとキータイピングでは脳に与える影響が異なることが判っている(現時点では)。キーボードを叩く作業は筆記行為の代替にはなり得ないのだ。

 ごく最近では、スマホ脳などと云う言葉も出てきた。しかしこれはゲーム脳みたいなもので、古い考えの老人が自分たちに理解できない現象を貶めるための造語だから、わざわざ取り上げて反駁する必要もない。ことはなにか特別なデバイスの問題ではなく、文字を書くか書かないかだけの違いなのだ。テレビを見て新聞を読むだけの人間も、パソコンでネットニュースを読んで動画サイトを巡るだけの人間も、オツムの回り方は恐らく同レベルだろう。回った結果出て来るもの自体は異なるかもしれないが、情報処理のパターンは変わることがない。ただひたすらに動物的な、知性のないルーチンワークなのだ。
d0044379_2236508.jpg

Contax S(D) + Biotar 2/5,8cm T. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2013-12-10 22:38 | Biotar2/58

自壊してください

 以前も書いたことがあるが、「自戒を込めて」なるフレーズを入れる連中は、まず自戒したためしがない。この云い回しはブーメラン対策によく使われる、ただの予防線だ。一見すれば反省するかのように見えるし、本人に多少はそのつもりもあろうが、云い訳している時点で覚悟のほどは知れている。舌の根も乾かぬうちに彼らは「自戒」すべき所行を繰り返すのだ。従ってこの文句を多用する人間の云うことをまともに聞く必要はない。まして説教じみた言説はそこらのゴミ箱に放り込むのが最適解だ。この手合いはちょっと気の利いた警句を吐いてみたくて、でもそれが確実に自分に返って来ることも知っているから、反省もしているアピールをしたいだけなのだ。謙遜どころではない、とんだ自己顕示欲のカタマリなのである。
d0044379_12411565.jpg

Contax II + Sonnar 2/5cm. Tri X
[PR]
by y_takanasi | 2013-12-08 12:42 | Sonnar2/50

規制のゆくえ

 どのような表現、あるいは活動領域においても、一部の無法者によって世間一般の悪印象を助長し、ひいては規制強化へと繋がることが多いのはやり切れない。勿論無法者が悪いのは当然だとして、恰も個の責任を全体に負わすが如き規制スパイラルには納得がゆかぬ。ことは業界、社会の自浄努力の問題ではなく、あくまで無法者個体の問題なのである。それを活動領域そのものを拘束しようとは、臭いものには蓋をしろと云わん許りの姑息な手段であり、むしろ立法、ルール制定側の怠慢と断言しても良い。そうして枠を嵌める側は、自分たちには関係のない領域だと思うと、ことの単純且つ拙速な落着を図るが、その大半は想像力欠如に基づいた将来的な自縄自縛に陥る結果となろう。

 人間が社会生活を営む上で、おのれに関係のない領域などほとんどないと云って良い。そんなことを何の疑念もなく云えるとすれば、それはもう間もなくこの世から退場する人間くらいだろう。そうしてなお困ったことにこの日本は、有権者に占めるこの種の人間の割合が益々増えてゆく状態に置かれているのだ。
d0044379_23242721.jpg

Contax II + Biometar2,8/35 T. ILFORD XP2 super
[PR]
by y_takanasi | 2013-11-23 23:24 | Biometar2,8/35