コンタックスレンズ

 コンタックス用レンズでどれか1本選べと云われると、これが結構困る。個人的に好きな画角は50ミリのそれだから、ゾナー5cmのF1,5ということになる。F2よりF1,5のほうが好みなのは、開放からシャープで破綻も少なく、絞っても劇的な変化を見せることがないからだ。オールマイティと云うと没個性のようでもあるが、F2のゾナーを絞った時ほど超鮮鋭でもなく、僅かに柔らかみを持っているのがポイントだろう。

 文句なく最高峰に位置するのはビオゴン2,8/3,5cmだ。これは実際優れた35ミリ玉である。画角周辺まで均一で、ほどほどのコントラストを持ち(これが結構重要である)、カドの取れた描写をする。そうしてその佇まいや、モノとしての成りカタチが実に蠱惑的で、これに匹敵する造形美はトポゴンとホロゴンにしか見られない。唯一の欠点はカラーで撮った時の濁りだが、わたくしはモノクロ主体だからして、そんなことはどーでもいいのだ。

 でもやはり、この1本となるとゾナー2/8,5cmということになる。なによりその出会いが強烈だった。シャープでないことの美しさ、コントラストの低いことの優美さを教えてくれたのがこのハチゴだったからだ。そうは云っても絞ればある程度(というか十分に)鮮鋭になるし、黒も程よく引き締まる。ボケ玉でもくせ玉でもない。多少扱いが難しいことを除けば、当時はもちろん、現代でもその価値を減じることのない、優れたレンズである。
d0044379_1352347.jpg

Contax I + Sonnar 1,5/5cm. ILFORD 400 DELTA
[PR]
by y_takanasi | 2005-10-09 13:55 | Sonnar1,5/50


<< Flektogon 2,8/35 うで >>