人気ブログランキング |

じゃばらーず

d0044379_20162070.jpg

 これらは1938年頃の折畳み蛇腹式中級カメラである。4機とも搭載されたレンズは3枚玉だ。このうちヴェルティックスだけが目測式で、あとは距離計連動式である。しかし焦点調節は、このヴェルティックスとスーパーネッテルがともに前玉回転式で、他の2台が全群繰り出し式なのに対してディスアドバンテージとなっている。

 シャッター機構に眼を移すと、さすがスーパーネッテルはツァイス・イコン製品だけあって、フォーカルプレンシャッターのセルフコッキング式だ。あとの3台はともにコムパーレンズシャッターで、コッキングも手動である。スーパーバルディナとドリナIIはレリーズレバーが変なところについていて、これが非常に操作しにくい。この点、ヴェルティックスはボディレリーズを採用していて操作性を高めている。もっとも後期型のスーパーバルディナでは、ボディ側の左手レリーズに改良されたようだ。巻き上げ機構はスーパーネッテル以外、どれも2段階式の面倒なシステムである。面白いことにスーパーバルディナの枚数計は逆回転もするので、巻き戻しに応じて自動復元すると云えばそう云える。

 レンズは最初に書いたようにすべて焦点距離5サンチのトリプレットで、ツァイスのトリオターを除いて開放値はF2,9と極めて中途半端だ。描写はどれも似たようなものである。トリオター3,5/5cmだけはひとつ抜け出しているようにも思えるが、錯覚と云ってしまえばその範囲かもしれない。しかしどの3枚玉も、サービス判で見る限りよく写っている。もちろん、すべてノンコート玉である。
d0044379_20165352.jpg

Super Baldina(Trioplan 2,9/5cm). AIKO LIGHTPAN 100 SS
by y_takanasi | 2005-11-15 20:18 | Trioplan2,9/50


<< Pentax MX 前世紀の遺物 >>