人気ブログランキング |

<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

すーぱー

 スーパーバルディナはとにかく変なカメラだ。もともと目測式フォールディングカメラの上に連動距離計を後付けしたシロモノだから、凡そ使い勝手というものが考慮されてない。珍しく距離計窓が背面向かって右側についてるので、右手でピントレバーを扱うとすぐ窓が塞がれてしまうし、かといって鏡銅の変なところについたレバーは左手では操作できない。シャッターレリーズレバーはシャッターに直づけのままだから、左手で前蓋を乗り越えて操作しなければならず、しかもその腕木がかなり妙な恰好をしている。このレリーズはひどく扱いづらいと当のバルダも判っていたようで、後期型ではリモート式になって軍艦部の近くで操作できるようになった。

 巻き上げはもちろんノブ式で、しかも巻き止め装置をそのつど解除しなければならない。もっともこの作法は他のフォールディングカメラでも同じようなものだった。これが必要なかったのは、戦前ではレチナとスーパーネッテルくらいだ。一方でビューファインダーにはパララクス補正装置がつている。もちろん距離計連動だ。ただしどの程度実用的かと云うと、ないよりマシだったかもしれない、というレベルのものである。

 そんなやっつけ感満載のカメラだが、玩具として結構気に入っている。レンズもマイヤーの普及玉、トリオプランがついていて、3枚玉の素朴な味わいを愉しむのにちょうどいい。そう云えばウチにある戦前のフォールディングカメラは、みんなトリプレットだ。
d0044379_22332962.jpg

Super Baldina (Trioplan 2,9/5cm). Tri X
by y_takanasi | 2007-02-11 22:34 | Trioplan2,9/50

いーはーげー

 その造形美がいたく気に入ってるのにも関わらず、手許に1台もないカメラがある。エキザクタだ。いやRTL1000はあるが、あれはエキザクタというよりエキザクタマウントのプラクチカである。わたくしがエキザクタに手を出しかねている理由は他愛もない。これまでに触ったエキザクタのどれもがすぐにぶっ壊れてしまったのだ。羹に懲りて膾を吹くか。実はエクサIIも1台潰してしまい、以来イハゲー製品にはおっかなびっくりである。それで初代エクサという、そう簡単にはぶっ壊れそうにもないカメラを常用している。これは実際、シンプルで愛らしいカメラだ。シャッター速度も実質3速+Bで、これで十分なのであり、それじゃあ写真が撮れないなんてぬかすやつは、まだまだ甘ちゃんである。ファインダーは交換可能だし、なかなかどうして、しっかりしたSLRなのだ。
d0044379_18164023.jpg

EXA ver.4 + Helioplan 4,5/40. Kodak GOLD 200
by y_takanasi | 2007-02-05 18:17 | Helioplan4,5/40

PS

 奇妙なレンズシャッターSLRペンティナを除けば、安価で実用的なSLRばかり世に出して来たペンタコン公社のラインナップの中で、唯一そのやけくそじみた技術力を凝り固めたようなカメラが、ペンタコンスーパーである。ニコンFやコンタレックススーパーに対抗しうるスペックを備え、一部ではそれらをも凌ぐ性能を誇示したシロモノだったが、商業的には失敗した。東欧社会主義の基本方針として、商品は大衆に奉仕しなければならないのだから、軍用でもない限り高性能カメラの居所はなかったのである。

 それでもペンタコンスーパーは、5千台近くが生産されて世に出回った。専用レンズは僅かに2本。しかしマウントはM42TMだから、絞り込み測光ならほとんどすべてのM42レンズが使用できる。そしてM42TMカメラとしては、ペンタコンスーパーは極めて優れたボディなのだ。確かにサイズはやたら大きい。その縦走りFPシャッターを考慮しても、もう少し小さく作れたはずだ。だが大きさは時として強みになる。ホールディング感の良さは、正にこのサイズに由来する。

 そしてこれはペンタコンスーパーに限ったことではなく、ペンタコンSLRカメラのほぼすべてとペトリカメラに共通する美点だが、レリーズボタンの配置が理にかなっている。そもそもカメラボディは水平方向に力を入れて保持するものだ。従来のレリーズボタンはこれに対し垂直方向に力を入れることで動作する。これではレリーズ時に揺らぎが生じるのは当たり前だ。ペンタコンカメラではレリーズボタンを斜めに置くことで、この種の揺らぎを逓減する。入力方向を水平にしなかったのは、ホールディング時の指の角度に合わせてのことだ。このため極めて自然にレリーズ操作が行え、揺らぎは対向する右手親指で吸収もしくは阻止される。

 経験則上、ペンタコンスーパーでの手ブレ発生率は非常に小さい。結果的にはこのレリーズボタン配置は、わたくしの嫌いな人間工学に即したものなのだが、それがデザインに悪影響を及ぼしていないことも特筆に値する。実際それは、依然として無骨さを前面に押し出したままだ。これは機械の美しさにおいて、大変重要なことなのである。
d0044379_1631439.jpg

Pentacon super + Flektogon 2,8/35. Kodak GOLD 200
by y_takanasi | 2007-02-03 16:31 | Flektogon2,8/35